elementcircle
戸田工務店 | todatoda
3
archive,author,author-toda_komuten,author-3,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.1.0,qode-theme-ver-1.0.0,qode-theme-todakomuten child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive

雨が続きますが、、 昨日の夜はなんとか雨も降らず、豊橋祇園祭りの花火も 開催されて良かったですね。 祇園祭りになると夏が始まるなと感じます。   今年は種からバジルを植えてみました。 バジルの種は一粒一粒とても小さく、 大雑把な私は空いていた鉢に種をバッ!と蒔いて終了。 しばらくするとこんなにわっさわさになってしまいました… 数本残して間引きをしつつ、葉を摘むことに。 たくさん収穫できました。 摘みたてのうちに、オリーブオイルやニンニク、 ちょうどあった食べかけの…ナッツ類を入れて ミキサーにかけ、バジルペーストにしました。   パスタを作ろうと思い、冷凍庫で眠っています。   今年は日照時間が極端に少ないですが、 バジルは元気に育っていますので、 育てやすいのでしょうね。 庭で収穫したものを食べれるのはとっても嬉しいです。 すぐ育って、すぐ食べれるのでおすすめです。    ...

本日、3年前に植林に携わったフジイチさん主催の 山の下草刈に参加させて頂きました。 植林の際に植えた苗の丈は膝上ぐらい。 3年経つと、植えられた苗は2m近くになっているものがほとんどでした。 傾斜地という事もありますが、2m近く育った杉に 覆い被さる程の草が茂っている箇所が何箇所もあります。 そんな光合成を阻害してくる草をやっつけるのが今回の目的です!...

暑い日差しが待ち遠しい日が続きますね・・・。 梅雨の合間に「常滑 散歩」に行ってきました。 古い建物が並ぶ散歩道をくるっと廻ると1日楽しめます。 小路をのぞいて「なにかありそう・・・」と入っていくと不思議な世界に・・・。 なんだか、ジブリを想わせるいい感じのアングル(^^) 奥には古民家を改修したcaféがありました。 木陰で珈琲・・いいですよ caféを後にして車も通れない小路へ 蔦に絡まれ埋もれてしまいそうな自転車の忘れ物? 早く見つけてと話してるみたいでした。 そろそろ歩き疲れてきたところに出会えたのが「登り窯」 ますますジブリみたいと思ってしまうのは私だけ? そういえば、TODAにも登り窯があります。 「TODAの郷 皆集庵」といいます。 JR飯田線の柿平駅から徒歩1分。自然いっぱいの地にたたずんでいます。 https://www.todasanchi.com/cc 入社したての頃、行ったきりご無沙汰していますが 釜の煙突をながめながら TODA陶芸教室のイベントも計画できるといいなぁ・・・ そしたら、何を作ろう? まずは、企画を考えなくては・・ですね。 そして、みなさんで愉しい時間すごしましょう(^^) ...

現在新城市長篠にて、 築100年を超える古民家の改修工事が進んでいます。 お知らせが遅くなりましたが、 その内容が6月5日(水)の中日新聞東三河版にて 掲載されました。 家を土台から切り離して上下させたり、 移動させたりする作業を請け負うのが 「曳き屋」と呼ばれる豊川市の会社「曳家工事原田」。   そもそも「曳家」とは・・・ 建物や橋、重量物などの移動工事をいいます。 「陽当たりが悪いため建物の向きを変えたい」 「歴史的な建築物や貴重な文化財などを、 そのままの姿で移動させ保存したい」 等々、こんな時に活躍します。   その作業を請け負う「曳き屋」は、 建築業界では欠かせない職種でしたが、 家を移動させるより建て替えを選ぶケースが増え、 全国的に減少しています。   二代目社長の原田勝二さん(47)によると、 鉄製レールを縦横に組み、 今回は10日間かけて80cmを目標に 建物をジャッキアップ。 その後は休み、基礎部分の工事が終わってから、 6日間かけて下ろす予定。 受注の5割が古民家、3割が神社仏閣と 「文化財系に強いので、何とか生き残っています」。   かつては新城市内にも曳き家が数社あったといいますが、 今ではなくなってしまい、とても珍しい貴重な工事です。   築100年~200年の古民家の再生は、 エコブームの追い風を受けて注目されるようになりました。 公的資格の古民家鑑定士が耐久性や安全性を確かめた上で、 現在の建築基準法に適合した家屋にリフォームします。   全国古民家再生協会愛知第一支部 (名古屋市瑞穂区)の担当者は 「曳き屋は古民家事業になくてはならない」と説明。 原田社長は「協会の協力を得て、仕事を広げていきたい」と、 期待を込めてくださいました。  ...

雨が続きじめじめした日が続きますね。 我が家では、土壁を壁の一部に採用しています。 木摺りという木下地に土壁をひっかけて壁をつくります。 通常のつくりより、蓄熱性と蓄冷性、それから調湿性がある暮らしをねらいました。 このようなつくりですが、さすがに雨の日が続くと、湿度計は60%となりムシムシしてきました。 ※調湿材は、蓄湿材でもあるので、蓄えれる水分量は多くても絶え間なく湿気があると許容できなくなるので、適度に除湿してあげれるといいと思います。     洗濯物も部屋干しでは乾きにくくなり、最近は脱衣場に洗濯物を干して除湿機をかけて干しています。 毎日寝る前に、除湿機を6時間タイマーかけして干しますが、ちゃんと朝には乾いています。   家の電気を見える化しているので、除湿機の電気使用量がわかります。 写真より、0:00 ~ 5:00まで2.3kWhの電気使用量でしたので、1kWh=25円とすると、2.3×25=58円と計算できます。 ※1kWhの金額は、契約している電気プラン、会社により違いがあります。   こんな計算もスマホと連動して確認ができますが、なくても計算できます。 除湿機の消費電力が、460Wになります。 この表示は、この除湿機を1時間(h)使用すると、460W消費するという表示になります。 なので、 460W×5時間(h)=2300Wh すなわち2.3kWhになります。 特別なものがなくても使用量や電気代を算出することができます。     電気代がかかるドライヤーの消費電力が1200Wだったとすると、 ドライヤーを1時間使えば、1200W×1h=1.2kWh  1.2kWh×25円/kWh=30円 ドライヤーを30分使えば、0.6kWh  15円 ドライヤーを10分使えば、0.2kWh  5円 のような計算ができます。 我が家では、テレビはもう10年は使い続けているので、あまり省エネではないテレビだと思います。 使用しているテレビの消費電力は、195Wになります。 たぶん、家に子供たちが帰ってきてから、特に見てなくてもつけっぱなしにしていると、 17:00~23:00 6h  195W×6h=1.17kWh(1日)   1.17kWh×30日=35.1kWh(1ヶ月)   35.1kWh×25円/kWh=878円 (1ヶ月) 休みの日をいれるとこれ以上は使用していることになります。 次は、給湯についてです。 給湯器はハイブリッド給湯器というものを使用しています。 電気とガスのハイブリッドになります。    お湯は、お風呂(浴槽に湯は貯めずに、シャワーのみ)、毎日食洗機をまわす、あとは、手洗いや食器をゆすぐ等に使用しました。 6月につくった湯量は、4.0㎥になるので、4000Lという湯量をつかったことになります。(4000L÷30日=1日 134L) では、電気使用量は、15.2kWh    15.2kWh×25円/kWh=380円 ガス使用量は、0.1㎥         0.1㎥×655円/㎥=66円 水道代をのぞく、6月の1ヶ月分の給湯にかかった光熱費は、446円になります。 ※6月は140Lというタンクでつくるお湯でまかなった形になりました。   ただ我が家は、お湯をつくるより、テレビにお金が流れていることがわかりました。 特にテレビを見ないときは消すようにしていきます。  ...

設計の海野です。 7月も半ばに入りました、梅雨明けはまだかかりそうです。 建築工事は天候に左右されますので、なかなか予定通りに進まず やきもきしております。 さて、先日新築物件のお引渡しをしました。 「家族の中心に吹抜けがある家」として提案させていただき、 この度竣工しました。 家族が集まる居間の上が吹き抜けて、すべての部屋がつながっています。 家族の気配が自然と感じられる間取りになりました。 外観は黒、白、グレーのモノトーンでシックに仕上がりました。 少し手間がかかりますが、樹木が入ることで外観も柔らかい印象が 生まれ深みがでます。 子供さんには左官体験をしてもらい、手形をつけました。 想い出もいっしょに、これから健やかに過ごしてもらいたいです。...

サスティナブル(Sustainable)=持続可能な とても好きな言葉です。 ・海洋プラスチック問題 ・エネルギー問題 ・老後2000万円問題 ・少子高齢化/介護問題  … どれも、遠いようで身近な問題。 「私の生活には関係ないや…」 とは、言えない時代になってきている気がします。 これから、まだ50年?60年?もしかしたら70年? 生き続けるかもしれない私たち。 そして、まだ小さい子供たち。 これから生まれてくる、未来の子どもたち。孫たち。 様々な問題を 「私たちには関係ない」で先送りにしていくと 子どもたちはどんな世界を生きなければならないのだろう? 最近、多くの企業、国、活動の中で聞かれるようになった 「SDGs」という言葉。 SDGs=持続可能な開発目標 (2015年9月の国連総会で全会一致で採択された 「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」) 難しい言葉に感じるかもしれませんが 一つ一つの課題は、私たちの生活にもとっても身近で 実際問題実現できるかは置いておいて 「こうあったら良いな」 「こうあるべきだよね」 という、目指すべき指標になっています。 そんなSDGsを地域づくりに活かしていくための教科書 この本を最近読んでいて 地域づくりに限らず 普段の生活でも、 心がけ、活かせる内容ばかりでとても面白いです!! ご興味があれば 是非読んでみてください♪...

先日のお休みに、高校の友人に会いました。   半田にある築60年の賃貸古民家を、今年2月に見つけ 毎週のように遊びにきては、 掃除をしたり、エアコンや照明など設備を整えたり、 仕切り戸を取って広い空間にしてしまう等 自分たちで出来る範囲の改装作業を繰り返していたようです。   「良い感じになってきたから見に来てほしい」と言われ、 お家に遊びに行ってきました。 すべて畳の部屋で田の字型の間取り、 久しぶりに見たような気がしました。 私も小学4年生までは築100年の家に住んでいたので、 なんだか懐かしくて、とても落ち着く空間でした。   元々どんな状態だったのか、とても気になりましたが 残念ながら写真はありませんでした。 住める状態ではないくらいに汚れていたそうです。   置いてある古家具は、リサイクルショップで 安く売っているものを探してきたと言って、 お店を教えてくれました。 私も古家具が好きなので、 機会があれば行ってみようと思っています。 途中、大きなクモが出現し、 部屋に置いてあった虫取り網を持ってきて、 3人で葛藤した時間が、一番の盛り上がりでした。                              ...

私の家のタイトル『葡萄棚のある家』。 実はまだ葡萄棚が完成していません・・・。 棚は準備してあるのですが、肝心のぶどうがまだ棚に届いていないのです。 とは言っても今年のGWに植えたばかりなので、まだ2か月ちょっとしか経っていません。 はじめはなかなか成長しなかったのですが、  6月中旬 今月に入り急激に成長し始めました! この勢いで成長すれば、今年の夏には棚の上にまで登ってくれそうで毎日楽しみに観察しています。   この葡萄棚が夏の日差しを遮って、暑さを和らげてくれる日が待ち遠しいです。 一番の楽しみはぶどうの実が出来ることなのですが、それにはまだ2~3年かかるそうです・・・。  ...

本日お日柄が良く、午前中はなんとか雨が降る前に地鎮祭を執り行う事が出来ました。 夕方は雨の中の上棟式ではありましたが、数日前の晴れ間に大工さんが一生懸命養生出来るところまで立ち上げてもらっておりましたので、建物の中で安心して式を執り行う事が出来ました。 地鎮祭のお客様、これからまだまだ設計との打ち合わせが続きます。素敵なお家を共に具現化していきましょう。今後とも宜しくお願い申し上げます。 上棟式のお客様、いよいよこれからが本番です。今まで練りに練ったプランを現実のものにすべく楽しく造り上げていきましょう。今後とも宜しくお願い申し上げます。 各式典の時の天気は本当に悩ましく、コントロール出来るものでもないので、いつもハラハラ、ドキドキ、イライラしております。(天気予報を見てはあーでもない、こーでもないしているのです。) 私の結婚式の時はざんぶりでした。この時式場の人が言った「雨降って地が固まるなんてよく言いますが、結婚式の場合、幸せが舞い込むと言ってとても縁起が良いことなんですよ。」と言ってくださった事が今も強く心に残っています。 要は気の持ちよう、前向きな考え方でいられるかどうかなんですよね。 「変えられないのは過去と他人」 「変えられるのは未来と自分」 教えていただいた時、よく理にかなった言葉だなぁと思っていました。 ただこの前、「自分の過去は変えられる」と言った芸能人の言葉がさらに心の琴線に触れました。 考え方次第で、嫌な過去も、失敗も、今の自分を形成する大切な過程であり、そういう意味ではマイナスも失敗も存在しない。輝かしい未来の成功しかないんだ!という考え方でした。 ものすごくポジティブシンキングですよね。 マイナスなんて存在しない!輝かしい未来の成功しかないんだ!!・・・・・やいやい、そんなにポジティブになれたら苦労はしないって・・・・・...

文月。 短冊に、書の上達と願い事をしたためたのが由来とか。 今年は、とあるお店で「願い事どうぞ」と笹と短冊。 笹に短冊を結び、七夕の雰囲気を楽しみましたが、 筆不精な私にとって、短冊祈願も一苦労。 そんな私だから、四季折々のご挨拶ハガキはおっくう。 友人のメールに返信は頑張って数回に1回ペース。 想いを文字にし、伝える難しさを痛感する日々。 ある時、この硝子ペンに出会い、おもいきって購入。 以前『ツバキ文具店』という代筆屋のドラマを視聴。 ドラマでは代筆の際、書き方、筆記具や紙も思いにあわせ選ぶ。 手書き文字の「ぬくもり」「人間味」がとてもいいなと感心。 このペンとの出会いで意を決する私。 日頃の感謝の思いを、雑筆だけれど、文字にする。 受取り人の驚く顔を想像すると、少し文章がすすむ。 筆不精であまのじゃくな私の手紙は何年か後に届く『時手紙』。 あとは、届く時まで元気でいないと、びっくりをさせてしまうなと 色々考えて書く手紙は以外と楽しいと発見しました。 来年は筆不精が少しは克服できていますように・・・ お星様お願いします☆                        ...

ついに!!我が家にやってきました!! 「ロボット掃除機」くん。 長女の会社の商品で、お試しが2週間できるという事で、早速レンタルしてもらいました。 我が家の愛犬は掃除機が大嫌い🐶 納戸から掃除機を出しただけで、戦闘開始!! そんな事もあり、なかなか毎日掃除機をかけれませんでした。   先日早速お試し。 1番ヒャーヒャー言って興奮していたのは、なぜか旦那さん・・・ ロボットに向かって「おい、なんでそっちばっかり行く??よ~しよし、来たぞ!」 まるでペット(笑) ロボット掃除機の後をついて、「今まだキッチンにおるに。」 はいはい。 大騒ぎして取れた埃はかなりの量でびっくり!! ロボット掃除機くん、お疲れ様。ありがとう~  ...