elementcircle
kanriblog | 戸田工務店
4
archive,author,author-toda5610-blog,author-4,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.1.0,qode-theme-ver-1.0.0,qode-theme-todakomuten child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive

DIYで『こんなもの作ったよ』を報告する設計部の伊奈です。   GWにウッドデッキを作りました。 ずぼらデッキです。ホームセンターで材料を吟味1日、作成に1日。   以下、仕様材料。 ・杉板 2m 3枚 ・大引 桧 3m 2本 ・鋼製束 10本 ・コンクリート板 10cm角 10枚 ・ビス 60mm 100本 ・木材保護塗料 0.7L缶   色塗って、大引を長さに切って、ビスで止めるだけ。鋼製束を適正な長さに調整すれば、『はい完成』   大工の私と、塗装工の娘で完成させました。   ...

2月に剪定した我が家のブドウの木。 2019年5月に自宅の完成と同時に苗から植えたのですが、それから丸2年が経ち、ついに実が出来ました! 嬉しくてついつい写真を撮り過ぎてしまいましたが、少なくとも10房位は出来ていました! これまでの作業もよく分からないまま進めてきましたが、これからも房作りやら摘粒やらいろいろあるようで、まだまだ食べられるところまで育てられるかも分かりませんので安心できませんが、今から収穫が楽しみです!...

オリンピックの聖火リレーが、この地方にも来ました。 TODAの休日と重なる2021/4/6。豊川稲荷に聖火。 神聖なる場所と聖火…御利益も増しそうな組み合わせに ライブ中継か現地かを迷いつつ、人込みが多いようなら 引き返そう、と決めて現地へ行きました。 沿道応援は一列で、正門前も想像以上の混雑感はあまりなく、 静かに「その時」を待つ人々。これならばと、さらに一歩後ろに下がり 待つこと10分程で、境内からの走者が、正門前の走者へと聖火のバトン。 場所とタイミングに「今日が休みで良かった」と喜んでいましたが、 走者がはしり去る、と同時に人も消え、聖火の余韻もどこへやら。 残った私はそのまま豊川稲荷へ。境内も「静寂」そのもの。 本殿での参拝時、ご真言「オンシラバッタ ニリウン ソワカ」を必要回数唱えます。 が、これが、大変。今何回目だっけ?などと余計な事を考えてしまう。 また、このご真言は境内の神様によって異なるので、お願いが多いと大変。 この日も境内の自然を感じながら、のんびりと過ごしていると、心地よく響く音。 時をつげる鐘の音。いつもは腹時計と職場の柱時計の音が、私の12時。 今日は鐘撞きの僧侶がうつ音で12時。なんと贅沢な時間。 約半径4KM先まで響く鐘の音、その音には世界平和の願いもあると… その所作ひとつひとつに有難みを感じました。 「今日休みで良かった」と何度もつぶやいた一日でした。                                       。            ...

今 はまっているのは、「クラフトバンド」 ネットで大量に買ってしまった材料と編み方の本を眺めるのが今の一番の楽しみ。 今は友達にプレゼントするバックを作成中です。    ↓  今までに完成させた自分用。    左右対称、等間隔に仕上げるのは意外に難しいんです。 年取っても続けられる趣味がまた一つ増えました。    ...

ぽかぽか暖かい日が続いています。 と思ったら、今日は最高気温28度!?なのだそうで。もはや夏ですね。 確か3日くらい前は寒いくらいだったのに。 変動激しすぎ…。   暖かくなり庭の花があちこちで咲いています。 ぐるっと写真を撮ってみました。     名前は分からないのですが、色々咲いてにぎやかです。 私のお気に入りは『すずらん』ですね。   手入れもしていないのに、毎年この季節に咲いてくれます。 ありがとう。            ...

先日とても天気が良かったので、久しぶりに行ってきました。 『峠の茶屋 紋屋』 あ~やっぱり好き!大好き!この景色・匂い・空間。 一番奥の特別室を予約して、ゆったりま~ったり過ごしてきました。 今回はタケノコのお味噌汁・酢味噌和えに、なんと!つくしの煮物。 鳥のさえずりの中で頂くランチは、最高のごちそうでした。🍚 日本人にとっての古き良き暮らしの原点である古民家。 ずっとずっと大切にしていきたい日本の原風景です。    ...

最近、巷に流行る曲を、youtubeでヘビロテしている設計部の伊奈です。   最近、ありがたいことにリフォームのお話が多いです。 リフォームでも、戸田が行っているリフォームは普通のリフォームではありません。 築50年前の古民家リフォーム。障がい者、障がい児のためのケアリフォーム。耐震などの補助金を受けてのリフォーム。 このリフォーム『三原色』を行えます。   古民家リフォームでは、『たぶん』が無いように古民家鑑定、床下診断、伝統耐震診断を元にリフォームのご提案をさせて頂きます。 ケアリフォームでは、お客様の身体状況、行動パターンなど聞取り、自立(律)出来るよう建築的要素で『ハルカ』に有った想いを現実に近づけます。 補助金を受けてのリフォームは、県や市、または国が出している補助金の内容を知りそれに合ったリフォームを行います。一番多いのが、耐震のリフォーム。昭和56年以前の建物。『群青』色した図面と耐震計画にらめっこです。   リフォーム工事、皆様の『あの夢をなぞって』ご提案できる設計士になると目標を立てた、本年度です。 そしてあの設計士ならお任せできると『アンコール』を受けれるような人間にもなりたいものです。      ...

  本日、新城事務所に本棚を設置致しました 図書室は以前からあったのですが本が収納しきれず 溢れ出してきてきていました 作業場で、大工さんが造り、塗装して今朝事務所に大工さんにより設置されました まだ本は入っていません 可動棚と言って、棚板を自由な高さに設定できます 棚板を増やすこともできます コンセントも設置することが出来るので、ランプを置いたり 充電器を置いたりも出来ます、オーダーメイドなので隙間にすっぽりはまり 着色もしましたので、古民家空間になじんでいます                                                                        ...

少し前から断捨離を始めている日比です。 思い切ってたくさん捨てているとは思うけれど、 出してはしまい、出してはしまいを繰り返しているだけのような・・・ 義父母の昭和のにおいがプンプンするものがたくさん出てきますが、 我が家にもあるような物はレアものはなく、ちょっと期待して調べてみても メルカリやヤフオクで売れ残ってたりします。 我が家から出てきたお宝?の一部        同じ火鉢が3個も  昭和33年の新聞 日比家の断捨離はまだまだ続く・・・  ...

春が駆け足でやって来ました🌸 数日前から「声はすれども姿は見えず」でしたが、今朝タコ足の物干しの上にいました!いました! 『ひさしぶりだね』と声をかけました。 夏の間、朝はよくこの上に乗っていたいつもの子だと思われます。 今日は少し風に冷たさを感じます。 「陽だまりに行かんと寒いよ」と伝え振り向くと、もういない・・・ また、おいでよ!! ...

月に一度、伺う病院の待合室に、背の高い本棚の上の開いた少しのスペースに、 手拭いがタペストリーとして飾られており、毎月毎月そこの待合室に座り、上を見上げるのが なんだか楽しみになっていました。 前から、手拭いを飾る事に、興味はあったのですが、なかなかできなくて、とてもハードルの高い事になっていました。 しかし、意を決して、ちょうどもうすぐひな祭りというタイミングで、手拭いと、手拭いを吊るす為の棒などは入ったものを購入しました。 ひな祭りを終えて、今は春っぽい手拭いにかけかえました。 毎日、目に入る所なので、何もない壁が明るくなった様に感じます。 これから、四季ごとに毎年飾れたらいいなと思います。...

お休みの日に、浜松市の「秋野不矩美術館」に行ってきました。 木と土でつくられた素敵な建物です。 丘の上の美術館を目指して坂道をずんずん登っていくと、横手にワイルドな柵が! 雨風にさらされて、すっかり渋い色になっています。 木は雨に濡れるゆっくり傷んでいきます。 それでもそのゆっくりとした経年変化が、他の材料にはない魅力のひとつですね。 小さい貫を引き抜けば、傷んだ板の交換も容易でしょう。 合理的な作りも武骨でカッコいいなぁと、美術館に入る前に立ち止まってしまいました。  ...