elementcircle
kanriblog | 戸田工務店
4
archive,author,author-toda5610-blog,author-4,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.1.0,qode-theme-ver-1.0.0,qode-theme-todakomuten child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive

2020年開催された「くだらなものグランプリ」 職人がその技術をいかして、時間と情熱をかけてつくる一品。 一部がニュースで放送されていましたが、 その中でも、くだらない極みでインパクトがあった作品は、 「鬼瓦ヘルメット」なるもの。 あの鬼瓦をヘルメットでかぶろうとする発想。 その見た目からも想像できる重さにテレビの前で 「首やられそう」だの、「絶対いらんなぁ」だの、 言いたい放題に、でも楽しんだ私。 そして今年… 昨年のインパクトから、鬼瓦窯元の作品に妙な期待感。 今年はヤクルト専用格納容器。なぜヤクルトなのか?は、さておき ヤクルトが入るサイズの2等身の胴体付き鬼瓦。 小さな容器なのに、すごく鬼瓦なのがいい。 なぜか愛らしく「かわいい♪」 「欲しい♪」が止まらず。 月に2回ほど職場にきてくれるヤクルトさん。 ヤクルトをこの容器でのんだら、めんどくさいだろうけど、 意味なく楽しいだろうなぁと、飲んでいるところを想像して 購入する気満々でした。 非売品と知りちょっとがっくり。-いや、かなりがっくりでした。 でもこの作品を通じて鬼瓦職人に興味を持ち、その製法や歴史を 少し調べてみました。 粘土を練る工程から窯で焼成するまでの技術の凄さや 瓦づくりからきている語源が「いぶし銀」だと知り、 戸田のベテラン職人やスタッフの顔が頭に浮かびました。 普段は飄々としている、でも、いざとなったら頼りになる存在。 まさに、「いぶし銀」 歴史ある建造物や日本家屋が今後もあるべき姿で続くためにも、 木材、瓦、畳などの材を作る職人や、大工や左官、建具職人。                                    「いぶし銀」のような言葉文化。どれも次の世代につながるようにと まじめに熱い職人の「くだらないグランプリ」を通じて感じました。...

『血圧が下がる』 『便秘に良い』 『血がサラサラになる』 ということで、切ったオクラ三本を一晩水につけたオクラ水なるものを作っています。 この水にそのオクラ自身を入れて、おかわかめを入れて、モロヘイヤを入れて、その時ある果物を入れて、ところてんを入れて、ヨーグルトを入れて、お酢を入れて、ミキサーで混ぜたものを毎朝飲んでいます。 体に良いといわれるものをとりあえず何でもぶち込んだ自家製スムージーですな。 これがまたなかなか・・・凄い飲み物なんです。もしよろしければお試しください。  ...

あっと言う間に、10月に突入しました。 暑さも少し和らぎ、とても気持ちのいい、秋らしい気候に 心も、和みます。。。 空も、とても高く、雲も秋だーっという感じです。             来年の22年に向けて、 5年日記帳を購入しました。 買って満足しない様に、22年に新しいスタートを 切れるように、しっかりと進んでいきたいと思います。 5年後は、健康かな?なんて始まる前から、ゴールを 想像しています。 ...

「結構しんどいよ」 「何ともなかったよ」 「頭痛がひどいよ」 「39℃熱が出たかな」 「一週間経ってもまだなんとなく調子が悪い」 「二日目にはけろっとしてたよ」・・・・・ 後になればなるほどいろんな方の意見を聞いてしまいがち。 先日、二回目のワクチン接種を終えました。私の場合は・・・・・二日間有休をいただき、体調の変化に備えておりました。 夕方6時にワクチンを接種。 うわさの12時間後、何ともないので 「な~んだ。私は何ともない派だった~」と テレビの前に布団を敷いて、録画してあった「鬼滅の刃」を見ながら煉獄さんの最期に涙しておりましたら・・・ 昼過ぎ、何だか熱っぽい。泣きすぎたか。 『38.3℃』 首から上がどんどん熱くなってきました。 夕方、『寒い』『ふしぶしが痛い』 お風呂に入っても温かくない。いつもより温度を上げてようやく温まったので出てお布団に入ったら、もうだるくてしんどくて布団から動けなくなってしまいました。 体温計をおでこに当てる力もなく、息子が代わりにピッピピッピ測っては 警告音に(38℃を超えると警告音が出ます) 『高っ!』 『高っっ!』 と喜んでおりました。 次の日の朝には 『37.5℃』 まで下がり、午前中の打ち合わせには行けそうでしたので向かって、午後の車入れ替えも無事に終わって、一応二日目にはけろっとではないけど治った派だったなと思っています。 終わりました。うんうん。終わりましたよ。ただただそれだけの心境です。...

嫌われる勇気を最近読み始めた、設計部の伊奈です。 #流行に乗っからないタイプ。#Going my way。#読書は挫折する。#文字は嫌い、絵が好き。#200ページは多い。など、検索すると引っかかる人間です。     話は変わり、ケアリフォーム全国大会in東京に参加してきました。と、言っても実際に東京に行ったわけではなくリアルタイム配信を愛知県豊橋市の事務所からPC画面を通じて参加しました。便利な世の中になったものです。わざわざ新幹線に乗って約1時間座ってなくても、「ぽちっとな」と、クリックするだけで参加できるのですから。   建築と福祉の融合だけあって、両者の専門用語が出てきます。建築の用語はわかるのですが福祉用語は調べないと分からないです。   その中でも、ICF国際生活機能分類を言うものがあって、人間は環境因子で出来る、できないが左右され生活環境により阻害要因、促進要因が生まれるらしいです。   つまり、自分はカレーが作れません。けど、キッチン用品、レシピ、材料があれば作れます。つまり、カレーを作る行為が出来ないわけではなく環境が整えば出来るという事です。 障がいを持った方でも、周りの環境が整えばできないと思われていたことでも、自立して出来るに変わるという事です。本人、介助者でも何が出来るのかがわかりません。専門分野の方に相談することにより、出来る環境、出来るための方向付け、出来るやる気を勇気をもらえるわけです。   つまり私でも、周りの環境が整えば、嫌われる勇気を読破できるという事です(笑)...

いつも素敵なお花で溢れている新城の花屋 「あさおか」さんは、戸田工務店のオーナー様で店舗も作らせて頂きました 私もプレゼントを贈るのに迷った時はお花を見に行きます 花だけでなく雑貨、洋服なども置いてあり店内を見るだけでも楽しいお店です 先日、立ち寄った時にお店の方が 「最近は行事が減ってしまったから、お花もあまり出なくなってしまって、、、 でもね、小さなお子さんを連れたお母さんがお散歩がてら、どこにも行けないからお花を見せて 下さいね、とぐるっとお店をまわって、ワ~きれいねーって見ていって下さるのよ」 以前には見られなかった光景だそうです 良いお話を聞きました💛 小さな楽しみを見つけて、心豊かに過ごしたいですね                                                                ...

設計部の女性スタッフの皆さんが、毎日書き込む“ウェルカムボード” 日付やゲスト名はもちろん、お客様が楽しめるように時事ネタやミニ情報など、 興味がわく内容も多く、その文章や情報センスにいつも感心するばかり。 数か月前に豊川稲荷「夜詣で YORUMODE」の情報が紹介されていました。 知らなかったその情報。 夜の神社・・・想像するとちょっと怖い。 でも気になるので調べると、ライトアップやデジタルを駆使した新しい“夜の参拝” 商魂たくましい。(いや失礼。) さすが商売繁盛の豊川稲荷チャレンジ精神に感服。 8月からは毎月22日開催とあり、休みと重なる9月22日を楽しみにしていた私。 前日から天気予報とにらめっこ。開催時間は雨マーク。   当日も朝から空とにらめっこ。曇り空に気持ちもげんなりで 午後が望み薄なら、午前にかけるぞ。「リト葉っぱの切り絵展」へ。 こちらも設計スタッフの方から教えてもらい、是非行きたかった企画。 開催の田原市博物館までは渥美線利用。新しい駅になってからは初めて行くので新鮮。 でも、25年以上ぶりの渥美線に “おひさしぶり”な感じもしていました。 電車の本数も15分間隔、三河田原まで35分。この待たない、近くな感じもよかったです。 見慣れない車窓風景はお出かけ気分にもなり、移動時間も物思いにふけれる時間でした。 駅から田原市博物館までの徒歩15分程も曇りの天候のおかげで、快適な散歩でした。 リトさんの作品は、とても繊細で、温かみある作品でした。 繊細に切り抜けた作品や色付けに、細部まで見入ってしまいました。 素敵な情報のおかげでいい時間が過ごせました。 渥美線で豊橋に戻ってきたとき、おでんしゃの模型があり、記念撮影する人達。 その模型をみて “おでんしゃ乗りたい~早くみんなで飲みたい~”と 思わずこころの中で叫んでました。早く日常に戻りたいです。   帰宅してからも、あきらめきれない私は空をガン見。 夜・・・やはり雨。夜詣ではまたの機会になりました。   ※リト葉っぱの切り絵展は写真撮影が可能。                    ...

家を建てて丸10年。いろいろと故障が始まりました。 トイレのウォシュレットが作動しなくなりました。部品交換3万円。(次は年数的に部品がもうないので本体交換になりますよ と脅されました) リビングのエアコンが効かなくなりました。ガス漏れで部品交換11万円。今後他の部材が壊れないという保証もないので、新しい物に替えることにしました。 家とは関係ないのですが、お財布には大有りの自動車のエアコン。熱風しか出なくなりました。コンプレッサーの故障で修理費用33万円。26万キロも走った車です。天寿を全うしたのでしょう。新しい車を買うことになりました。ひぇ~。 今朝、洗濯機が異音を奏で出しました。 息子が習い事をさぼりました。 もういい加減、勘弁してくれよ~。...

設計の海野です。 コロナ禍なので室内ではマスクが必須です。 しかし暑さと息苦しさで気持ちもダウン気味。 そんななか最近朝自転車によく乗っています。 5分も走るとそこはもう田園風景。とっても好きな景色です。 長引く緊急事態、気晴らしに自転車どうですか?   さて先日「光と風に包まれる家」のお引渡しがありました。 建築地は住宅街の造成分譲地で、計画時には周りに建つ家は まだ無く、こう建てるだろうと予測しながら計画しました。 光と風、室内から眺める景色を考えながら、 できるだけ近隣からの目線をシャットアウトできるプランを 検討しました。 ●リビングでつながる吹抜け● 隣地建物がすぐ近くに建つ可能性があったので吹き抜けから 光と風を取り入れる方法とし、リビングを中心に上下階を繋げ どこにいても家族の雰囲気が感じられる家になりました。   ●キッチンは司令塔● キッチンは家全体を見渡せる司令塔のような位置とし、 子育て世代の奥さんの家事をできるだけ楽になるよう キッチンから洗濯・物干しの裏動線つくり、 効率良く家事ができるようなしつらえとしました。 ローリングストックできるよう間に食品庫を設けています。   ●畳コーナー● 食事は床座でされるとのことで、キッチン横に上げ畳コーナーを 設けました。一部カウンターを設け、奥様のお仕事や子供さんの 勉強スペースを設けています。 部屋として仕切りができるようにロールスクリーンを 忍ばせています。 ●土間収納● 壁面いっぱいに収納できる棚を設けました。 靴、傘、上着、ベビーカーなど収納できるようしつらえました。 のれんでやんわり仕切っています。 普段よく履く靴はすぐに取り出せるよう床下に ちょこっと凹みをつくり収納できるスペースをつくっています。 ●子供室を使うのは10年後● 現在子供さんは0才の赤ちゃん1人、将来子供さんが 増えた時に2部屋に仕切ることができるようにしつらえました。 自分の部屋が欲しくなるのは10才くらいでしょうか。 それまでは奥様の作業部屋として使います。 ●寝室はできるだけ柔らかい光で● 寝る時に天井を見上げた時、照明の光が直接目に入ると まぶしすぎて睡眠を妨げてしまいます。 間接照明で光源を隠し、柔らかい光で寝られるよう しつらえました。さらに調光できてリモコンで寝ながら 消せるようにしています。 真夏の完成時期となってしまい、植栽工事は後に延ばすことに なりました。もう少し涼しくなり植物にとって良い時期に なったら緑が眺められる気持ちの良い家になることでしょう。 芝生を植え、子供さんとキャッチボールする楽しい家族の 風景が待ち遠しいです。...

最近小6の娘からの返事が単発になってきました。 『おはよ』 「おはよ」 『今日は何か楽しいことあった?』 「別に」 『今日は何の日だっけ?』 「ダンス」 『何か新しいこと出来るようになった?』 「疲れた」 「ぱぱ」 『なになに?』 「携帯かして」 ・・・・・『どうぞ』 これは切ない。こ~んなに小さい頃から大事に大事に育ててきたのに・・・・・ 疲れた時に元気を出そうと、保存してある娘の小さい頃の動画を見ながら、逆にしょんぼりしている私であります。...

9月から今年最後の訪問を開始予定でしたが、コロナの感染に歯止めが効かない現状であるため、年内の訪問はストップさせて頂くことにいたしました。   とだともNO.55は郵送させて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。   お困りごとやご相談などは、会社もしくは福井までご連絡いただければ対応させて頂きます。 ご相談ではなく「声が聞きたい!」などでも大丈夫です(笑) お気軽にお電話ください。お待ちしております。   2022年には状況が改善されていることを祈りながら・・・ オーナー様一人一人の顔を思い浮かべながら、只今心を込めて郵送準備をしております。   ガマンガマンの2021年でした。 2022年は世界中の人たちにとって幸せな1年になりますように。 またお会いできるのを楽しみにしています。...

9月に入り、残暑の厳しい毎日ですが、 少し日が短くなったかな? セミが鳴かなくなったかな? 空に秋らしいうろこ雲が広がっていたり。 と夏から秋に変わる変化を感じる事ができます。 ふと気づくと、向山事務所の、パンパグラスやすすきが花穂を付け始めました。          なかなか遠出は出来ないですが、 普段の、通勤時、買い物時の生活の中で、 秋を感じるのもとても楽しみです。              ...