elementcircle
kanriblog | 戸田工務店 - Part 3
4
archive,paged,author,author-toda5610-blog,author-4,paged-3,author-paged-3,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.1.0,qode-theme-ver-1.0.0,qode-theme-todakomuten child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive

奈良に叔母の家があり、施設に入居してしまったので、今後どうするのか(解体するのか、このまま維持するのか、売却するのか…等々)状況を見ながらお家の管理をすることとなりました。 ご近所からのご忠告もあり、ゴールデンウィークにその家の庭の草刈りに行ってきました。 一年も経っていないのに葉は生い茂り、雑草は生え放題。半日かけて刈り取って、除草剤を撒いて、蜂に足を刺されるおまけまでついて、へとへとになりながら豊橋に戻ってきました。 家の中も雨漏りしており、室内にも家具・生活用品がそのままの為、いつかまた整理に行かなければなりません。 人が住まないと家はどんどん傷みます。荒れていきます。朽ちていきます。 う~ん。わかってはいるけど、それを解決するには時間と労力とお金がいるんだよなぁ。 更にここは、父親の生家。河野家のご先祖様が住んできた家。叔母さんも戻りたいと思っているであろう家。 いろんな思いがあることも踏まえ、やっぱり状況を見ながら…となっている訳です。 世の中、このような処遇に困った家がいっぱいあり、これからもどんどん増えていくことでしょう。 自分がこの状況になって分りました。解決への答えは簡単ではありません。...

今年も我が家につばめがやってきました。 去年初めて巣を作り、5羽のつばめが巣立って行ったのですが、 作られた場所が悪くリビングの窓の網戸が開けられなかったり、 外壁がフンまみれになったりしていました。 そんなことがあったので今年は作らせないようにしようか悩み、 とりあえず前回と同じ場所には作られないようにしたところ・・・ 玄関の上で考え中・・・ ちょうどリビングの窓から見える所に巣を作り始めました。 これならフンも地面に落ちるし、窓からいつでも見えるので許すことにしました。   息子も毎日楽しそうに窓から眺めています。 今年は何羽産まれるのか楽しみです。...

湯谷温泉街のみつい旅館さんで仕事をさせて頂いていると 以前お伝えしました 今回はお客様利用のトイレの改修工事がメインでした 宿泊のお客様が帰られた月曜の午前10時から工事はスタート、 その週の土曜日の午後3時迄に終わらせないと、また宿泊のお客様が見える時間となります 正味 五日半しか時間が無い工事です。水道屋さん、電気屋さん、足場屋さん、大工さん 左官屋さん、内装屋さん、ガス屋さん、建具屋さん、、、この短期間に順序よく仕事を 進める為に事前に仕事帰りに集まって密な打合せをします(ソーシャルデイスタンスは保ちつつ) 便器、カウンター、タイルなどの材料も忘れ物が無いよう事前に揃えて、、、 ドキドキします、、途中アクシデントもありましたが ギリギリまでパートナーさん達が頑張って下さり何とか土曜日のお客様を お迎えすることが出来ました、多くのパートナーさんにいつも支えられています いつもありがとうございます   みつい様ありがとうございました! 完成した写真は取り忘れました  ((+_+))                                                              ...

ジェネレーションギャップを感じている設計部の伊奈です。 若い大工さんに、このキャップ付の懐かしいボールペンを貸してあげようと話したら、懐かしい?見たことないっす。と言われました。確かに、今の主流派ノック式。キャップ式のボールペンみないですね。   今回は、おっさんになったなという話ではなく、とても、便利な世の中になった話。 (便利な世の中になったと感じることが、おっさん、年を取ったと思わせるのかなぁ。) 携帯電話の小さな画面を見るだけでさまざまな情報が手に入ります。情報収集として、Twitter、LINE、Facebookなど沢山のSNSがあります。 みなさんはどれをお使いですか?   自分は、twitter、LINE、Facebookとメインで使っています。 その中でも、最近twitterを良く見ます。写真を投稿するだけで見ず知らずの方が説明してくださったり、様々な情報をくれます。   最近では、この写真を出しました。 弊社、作業場で見つけた虫。自分の知識の中では、くさーーーーいカメムシかなと思ったのですが違いました。 見ず知らずの知識人から、これはオオトビサシガメと教えて頂きました。   この虫、名前がわかったので調べると越冬のために家の中に侵入するそうです。 他の虫を食べてくれる益虫で、たまに人間を刺すそうで刺されると激痛らしいです。   家の中で見付けたら、そっと優しく逃がしてあげようと思いました。   今後、名前がわからない魚、虫、植物の写真をどんどん投稿してみようと思いました。...

設計の海野です。 だんだんと暖かくなり、いよいよ春が来ました。 春は別れと旅立ちの季節。 長女も今年度から中学生です。 桜が咲いているうちにセーラー服姿で写真を撮りに行きました。 大変な世の中ですが、一歩一歩自分の道を進んでほしいです。 6年前の4月7日。ちょうど小学校の入学式でした。 大きくなりましたね~。...

前々から移動したいと思っていた我が家のソヨゴ なんとか暖かくなる前にと、3月半ば頃移植に挑戦しました。 高さ2mは超えているのでかなり大変かと思いましたが、根は思ったよりも深くなかったため、ブチブチと何かが切れる音を聞きながらも何とか掘り出す事が出来ました。 移植先の穴もしっかりと掘り、無事に移植が完了しました。 Before After 伝わらないとは思いますが、何だか庭に立体感が出た気がして満足です。あとは芽が出て来ることを祈るばかりです。 ただ、移植のそもそもの目的は塀を延長することでしたので、いつになるか分かりませんが次は塀作りに挑戦するつもりです。 少しずつ自分たちの暮らしやすいように家に手を加えいくのも楽しいものです。...

オーナー様宅への定期訪問先に、音羽から一山超えると、岡崎に出る道があります。 訪問を始めた頃は、天気が良くても薄暗く細~い山道で、対向車にもほとんど出会う事もなく、とても恐怖感がありました。 でも、今では慣れたもの。 なんとなくトトロがいそうな山道なので、いつも大声でトトロの歌を歌って通ります。 今日もルンルン♪運転していたら、なんと!!! 山を越えてすぐの広くなった道路で猿の大群に出くわしました🐵 10年以上通っていますが、こんな事初めてでびっくり! 思わず急ブレーキ🚗 何匹いたかな?!20匹くらいでしょうか?! 春を感じて山から下りて来たのかな? 道の真ん中を堂々と歩く猿もいれば、歩道でむしゃむしゃ木の実らしきものを食べてる子猿もいます。 どの猿も「んっ?!な~んだ人間様か」と全く驚く様子もなく、こちらをじーっと見ています。 「おっ!綺麗な女の人じゃないか」なんて顔した猿も。 なわけない!!とまわりのスタッフの声が聞こえてきそうなので、ここまでにしておきます。 オーナー様のお家に着くまでの歌はもちろん! 「アイアイ♪」 おさ~るさ~んだよ~~♫...

朝、豊川沿いの土手をジョギングしていると、いろいろな種類の鳥に出会うことが出来ます。 ぱっと見何の鳥なのか判るのは鴨とキジくらいですが、それでも様々な種類の鳥が列をなして飛んでいる姿や、相手を求めてケ~ンケ~ン鳴いている様子等、何だか心にグッとくるものがあり大変愛おしく感じるのであります。 走り終わって、家のソファーでひと息つきながら庭を眺めていると、私の大事なキンカンの枝に大きな鳥が二羽止まって実をつついているのが見えました。 「こら~っ!何ついばんでんねん!俺のキンカンやぞ!!」 慌ててまだ熟していないものもたくさんありましたが、鳥なんぞに私の大事なキンカンを取られてなるものかと全部収穫しちゃいました。 「はっはっは~。」 ついさっきまで、鳥を愛でていた人間と同一人物です。...

今朝はウグイスの鳴き声を聞きました。 桜の開花が待ち遠しい春。   卒業、入学シーズンですね。   卒業式で思い出すことがあります。 長女の小学校卒業式では、生徒が一人づつ名前を呼ばれ、 壇上で卒業証書を校長先生より授与され、 階段を降り、その証書を持ち、 会場の後方にある台まで列席者の前を歩いて進み 後方の台で待つ 『親』 に証書を渡し、自分の椅子に戻るという流れでした。   『多分ママの性格だと、写真をギリギリまで撮ろうとして、台の前に行くのが遅れると思う。 私の2人前の○○君が立ったら、受け取る台に移動してね。 しかも私から親の待つ台の位置が変更するから、くれぐれも間違えないようにね。』   卒業式前日くらいに長女から言われた言葉ですね。 小学6年生に性格を完全に読まれ、 やらかすであろう目前の失敗を予測され(しかも当たっていると思う)、 それを見越しての対処策を簡潔に指示される母  =  私。 感服いたしました。     当日は壇上で証書を受け取る瞬間を写真で撮りたかったなあ、と後ろ髪を引かれつつ、 言われたとおりにミッションをクリアしたのでした。 もう10年程前の事ですが、卒業式よりもその言葉が忘れられません。   卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。        ...

ひどい花粉症の私は、現在スギ花粉の舌下治療を行っております。既に3年が経過しました。 確かにとても楽になりました。2か月間ひどい風邪をひいたような状況だったのがウソのようです。 ただ、毎日一錠飲み続けるのがちょっと面倒になってきました。 前回の診察の際、先生に「もうそろそろ止めてもいいですか?」と尋ねたところ「最短3年ですので止めてもよいですが、また3年位したら発症しますよ。」 ・・・・・うっそ!初めて聞いた!治ったのかと思った。やった年数分位で効果が薄れてくるなんて・・・・・『聞いてないよ~~!!』 「続けます」 「ありがとうございます」 先生の言ったありがとうございますの言葉に違和感を覚えながら、ただまたあの地獄のような状態に戻るのは嫌なので・・・・・しぶしぶ続けます。...

湯谷温泉街のみつい旅館さんで仕事をさせて頂いております 写真は先月なのでまだ寒い日が続いていました 板敷川を見下ろせる露天風呂があり季節の移り変わりが楽しめます この時は梅の花、、、よく見ると川側がつぼみでお風呂側が花開いています みついさんにお聞きしたら、 「湯気であったかいからお風呂側から咲いていくんですヨ 毎年」 との事、梅にも気持ちがあるみたいでちょっと感激 来年も咲きますように、、、   それから 一日も早く平和な世の中になりますように、、、、 自然の美しさを見ると、願わずにはいられません                                                                ...

最近まで体調を崩していた設計部の伊奈です。   安心してください。はいて・・・違う。もう、古い! PCR検査も受け、無事陰性です。2,3日休み会社に出てきたときにみんなから大丈夫だったとやさしい声をかけて頂きました。戸田工務店、愛であふれております。   今回は防災の話。 昨日、さくらピアにて3.11を忘れない集いに参加してきました。 豊橋市防災危機管理課の方のお話を聞き、実際にさくらピアから桜ヶ丘公園(さくらピアの前の公園)まで避難しました。参加者の中に目の見えない方や耳の聞こえない方も見え、私は目の見えない方の避難のお手伝いをさせて頂きました。 防災管理課の方のお話の中で実際の写真はかなり衝撃的でしたが、避難所の話はとても為になりました。 避難所では、みんなが被災者です。市の方も仕事はあるにしろ家族がいます。 自治会、学校(避難所の所有者)も同じ被災者です。 その中で、いろいろとルールが決まる前にどっと人が押し寄せてきます。対応がしっかりできていなく当たり前だと思います。   それぞれが助け合いモラルを守らないと、喧嘩や他人に迷惑がかかります。 役所の方が話している中でとても印象的だったのが、被災された方は支給のおいしいお弁当、ジュース、コーヒーなどあり、まさしくお客様状態。ボランティアで入ってこられた人は、コンビニなどで買って食べる。ジュースやコーヒーもついていません。しかも、まともに3食ゆっくりと食べる時間もないそうです。 被災した側は財産を失い、不安が大きい状態ですがお客様ではありません。 自分たちで助け合い、協力することが大前提だと改めて知りました。   地震、水害など多くなりある程度の対策も取られていますが、避難所でいざこざをなくすために普段から近所の方に声をかけるのも、立派な防災だと知りました。   まずは、挨拶から初めてみてはどうですか。...