elementcircle
戸田工務店 | 古民家の海外移築へ
25461
post-template-default,single,single-post,postid-25461,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.1.0,qode-theme-ver-1.0.0,qode-theme-todakomuten child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive


古民家の海外移築へ

以前から、粛々と続けてきた
奥三河の古民家のアメリカ輸出事業。
過去の記事はこちら

会長、由信の長年の夢でもあった
「日本の伝統的古民家の文化と技術の海外輸出」が
一歩一歩近づいているのを実感します。

9月20日(日)に新城の作業場にて
構造体の仮組作業を行いました。

丁寧に手作業で解体した古民家も、
全ての材料がそのまま使えるわけではありません。

一旦、古材を全て洗浄した後
傷んだ部分を差し替えたり
ゆがんだ継手の部分を補強したりしながら
一本一本、再び組み上げられるように加工してきました。

今回は、その仮組の作業。

加工した古材が、キチンと組み合うか
何か足りないことがないか、間違いがないか
確認する作業です。

その様子を、オンラインで現地アメリカと共有。

本来なら、日本の大工が現地に出向き組み上げたいところですが
新型コロナウィルスの影響でいつ渡航できるかが見通せない為
今回は、現地アメリカの職人さんが組み立てられるように
こちらで万全の準備を整えます。

さて、TODAの夢をのせた古民家は
海外でどのように花開くのでしょう?
今から楽しみです!

仮組の様子を取材いただき
東愛知新聞さんと東日新聞さんに掲載いただきました!
ぜひ、お読みください。