elementcircle
戸田工務店 | 向山オフィス ギャルリTODAの枝付き丸太
24276
post-template-default,single,single-post,postid-24276,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.1.0,qode-theme-ver-1.0.0,qode-theme-todakomuten child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive


向山オフィス ギャルリTODAの枝付き丸太

小さなお子さんに角材の柱を木として説明している時、何だか納得していない様子。
理由を尋ねてみると、木は幹が丸く枝が生えているんじゃないのかと!
この言葉を聞いたとき、ハッとしました。
建築に携わっていると、木=角材という方程式がほぼほぼ成立します。
しかし、一言に『 木 』と言っても、建築材料としての木だけではなく、自然界に生えている木の事も指し、水平垂直が出ているモノだけが木ではないということを再認識させて頂きました。

『 固定概念に囚われてはいけない 』
そんな想いもあり、ギャルリの正面とキッズスペースに枝付き丸太を設置しました。
『 木 』の本来の姿に近いので、ここから角材になっていく説明もしやすくなりました。
枝付き丸太はプレカットでは加工できないので、大工さんのキザミの技術が光ります。
向山オフィス ギャルリTODAにお越しの際は、玄関入る前に見ることができますので、一度足を止めて見てやってください。

写真は約10年前なので、木部はだいぶ奇麗です!(笑)
庭の植栽もまだまだ疎らですね。