elementcircle
戸田工務店 | 俺が『moogle』だ!!!
23830
post-template-default,single,single-post,postid-23830,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.1.0,qode-theme-ver-1.0.0,qode-theme-todakomuten child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive


俺が『moogle』だ!!!

先日、古民家総合調査にお邪魔させて頂きました。

 

古民家総合調査とは、簡単に表現すると古民家の検査、評価。

 

古民家総合調査は、3本の柱に分かれており、それぞれ有資格者によって調査されます。

 

・主の古民家鑑定を行う、古民家鑑定士

・床下インスペクションを行う床下診断士

・伝統耐震診断を行う伝統耐震診断士

 

今回は、床下診断の時、大活躍する『moogle』をご紹介します。

 

足元はどこにでも行ける、キャタピラ。段差も乗り越えます。

メインカメラとバックカメラがついており、標的(劣化部)を逃しません。

22cmの間であれば、どこにでもいけます。

遠隔操作でパソコンの画面を見ながら操作します。(リアルタイムです)

『こいつ、うごくぞ・・・』と、

パソコンにつないだ、ゲームのコントローラーで操作します。

床下は、まさに『冗談ではない!!』世界が広がっていることがあります。

獣のう○ちや食べかす。カビなどが発生していることもあります。

常に状況をパソコンに映っていますから、うそがつけません。

 

また、湿度計も置き、床下の湿度を測りカビが発生しやすさも、計測します。

 

古民家の床下診断、どうですか。