elementcircle
戸田工務店 | フランスからのご来客
22222
post-template-default,single,single-post,postid-22222,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.1.0,qode-theme-ver-1.0.0,qode-theme-todakomuten child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive


フランスからのご来客

8月21日~23日に
NPO法人奥三河田舎暮らし隊が事務局を務める
おくたぼ(奥三河田舎暮らし推進協議会)の仲間
「鳳来山の家」さんに、フランスからご来客がありました。

パリに住んでいらっしゃる日本人の奥様と、フランス人のご主人様ご夫婦のY様。

Y様はバカンスで日本に滞在する期間中に
「日本の田舎」をご主人様に体験してもらいたくて
インターネットで検索して奥三河田舎暮らし隊のHPにたどり着いてくださったそう。

自然に囲まれた、昔ながらの古民家でゆっくり過ごせる時間に
「私たちが求めていたのはこれです!!」
と、大変喜んでくださっていました。

印象的だったのは
「日本の良さは、トラディショナルなものが暮らしの中でまだ活きているところ。
『文化財』や『博物館』で見るものではなく、
トラディショナルな空間や文化が、生活に根付いている。
古民家の空間の中で、寝泊まりできることが最高に嬉しい!」
と仰ってくれたこと。

日本から見れば、伝統文化が日本以上に息づいていると感じるヨーロッパの方に
こういったご感想を頂けたことが
意外でもあり、大変嬉しい事でもありました。

旅慣れた欧州圏の方には
奥三河は「ちょうど良い」田舎だそうで
東京からも新幹線、JR飯田線を乗り継げば簡単にたどり着け
上高地などの避暑地より心理的ハードルが低いとか。。。

これ以上便利になる必要もなく
ベストな環境です!

と仰って頂け
大変心強いお言葉でした。

奥三河にフランスからのご来客。
珍しい出来事でもあり
中日新聞の記者さんにも取材して頂きましたが

記者さん以上に
事務局が身を乗り出していたとかいないとか(笑)

また、記事が掲載されたら
ご報告させて頂きますね!

Y様から
「『鳳来山の家』は日本のふるさと」と言っていただけたので
来年もまたお帰りをお待ちしております♪