elementcircle
戸田工務店 | 中日新聞 東三河版にご掲載いただきました
21979
post-template-default,single,single-post,postid-21979,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.1.0,qode-theme-ver-1.0.0,qode-theme-todakomuten child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive


中日新聞 東三河版にご掲載いただきました

7月27日(土)中日新聞 東三河版にご掲載いただきました。

東三河高等技術専門校の2年生の生徒5人が、

現在新城市長篠にて「曳き屋」工事を行っている現場見学に、

みえた様子を取り上げていただきました。

室町期の史料にも残る日本伝統の職人技に触れられました。

 

工事を請け負ったのは、東三河に唯一残った会社「曳家工事原田」。

新潟で修業した後に独立した親方の原田俊光氏(83)と、

息子の勝二氏(47)、親戚筋の立野宏道氏(50)の3人のみの会社です。

コンピューターなどは使わず、経験で培った「勘」だけを頼りに、

家を土台から切り離して上下させたり、横方向に移動させたりします。

生徒たちは、基礎にコンクリートを打つため、

ジャッキアップされていた築100年を超える建物を、

慎重に下げる作業を2時間見守りました。

 

曳き屋は、力を使う危険な仕事で、戦後復興の時代は盛んに活躍しましたが、

家の建て替えを選ぶケースが増え、全国的に姿を消しつつある貴重な工事です。

 

今回の物件は、家主が住み続けるための耐震補強ですが、

新城市には空き家の所有者と利用希望者を橋渡しする補助制度

「空き家バンク」もあります。

発注元の弊社TODA(新城市宮ノ後)では

「古民家の再生にエコブームの追い風が吹いている」と期待しています。