elementcircle
戸田工務店 | 中日新聞にご掲載いただきました
21881
post-template-default,single,single-post,postid-21881,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.1.0,qode-theme-ver-1.0.0,qode-theme-todakomuten child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive


中日新聞にご掲載いただきました

現在新城市長篠にて、

築100年を超える古民家の改修工事が進んでいます。

お知らせが遅くなりましたが、

その内容が6月5日(水)の中日新聞東三河版にて

掲載されました。

家を土台から切り離して上下させたり、

移動させたりする作業を請け負うのが

「曳き屋」と呼ばれる豊川市の会社「曳家工事原田」。

 

そもそも「曳家」とは・・・

建物や橋、重量物などの移動工事をいいます。

「陽当たりが悪いため建物の向きを変えたい」

「歴史的な建築物や貴重な文化財などを、

そのままの姿で移動させ保存したい」

等々、こんな時に活躍します。

 

その作業を請け負う「曳き屋」は、

建築業界では欠かせない職種でしたが、

家を移動させるより建て替えを選ぶケースが増え、

全国的に減少しています。

 

二代目社長の原田勝二さん(47)によると、

鉄製レールを縦横に組み、

今回は10日間かけて80cmを目標に

建物をジャッキアップ。

その後は休み、基礎部分の工事が終わってから、

6日間かけて下ろす予定。

受注の5割が古民家、3割が神社仏閣と

「文化財系に強いので、何とか生き残っています」。

 

かつては新城市内にも曳き家が数社あったといいますが、

今ではなくなってしまい、とても珍しい貴重な工事です。

 

築100年~200年の古民家の再生は、

エコブームの追い風を受けて注目されるようになりました。

公的資格の古民家鑑定士が耐久性や安全性を確かめた上で、

現在の建築基準法に適合した家屋にリフォームします。

 

全国古民家再生協会愛知第一支部

(名古屋市瑞穂区)の担当者は

「曳き屋は古民家事業になくてはならない」と説明。

原田社長は「協会の協力を得て、仕事を広げていきたい」と、

期待を込めてくださいました。