elementcircle
戸田工務店 | 群言堂~暮らす宿~
21487
post-template-default,single,single-post,postid-21487,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.1.0,qode-theme-ver-1.0.0,qode-theme-todakomuten child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive


群言堂~暮らす宿~

あっという間に1か月以上が経ってしまいましたが
8連休をいただいた、ゴールデンなウィークに

島根県の世界遺産「石見銀山」近くにある
アパレル企業「群言堂」が運営する
「他郷阿部家」へ行ってきました。

令和元日、朝3時半出発で。
ずっと想い焦がれてた「他郷阿部家」。

8時間かかる長旅な上、
鳥取→島根→広島→鳥取と
人に会いに行く旅だったので
車酔いしやすい子供たちは
じーちゃんばーちゃん(私の両親)にお願いして
6年ぶりの、夫婦2人での旅路でした。

初めての子供たちだけのお泊まり。
泣くかなー
寂しいって言われるかなー。。

と、びくびくしていたものの

「行ってらっしゃーい、頑張ってね!」

とあっさり送り出され
親の方が、寂しくて、しょぼんでした。。

島根県の石見銀山近くにある
アパレル企業「群言堂」が運営する
暮らす宿「他郷阿部家」。

かつては限界集落と言われ
子供の声もほとんど消えていた村に

30年前にUターンした
大吉さん、登美さんご夫婦。

そこから
こつこつこつこつ。

新しいものが良いものとされ、
使い捨てがもてはやされた
バブルの波にも流されず、
(むしろ逆行して)

一貫した信念で
古いものを大切に繕いながら
積み重ねてきた年月。

その年月が詰め込まれた町並み。
その信念を体現した「他郷阿部家」。

昨年夫の友人夫妻に
紹介していただいて以来
講演会に行ったり
本を読んだり

実際に行って空気感を体感したい!
と想い焦がれておりました。

年末から予約し
紹介して頂いたご夫妻とともに
8時間かけて到着しました。

圧倒的世界観。
採算度外視(笑)のおもてなし。

建築としての空間ももちろんですが
出会うスタッフ皆さんが心から気持ちよく

本当に好きでこの町や会社にいるのが伝わってきて
それだけでも
凄い会社だなーと感じました。

そして、そんな小さな町に
本社だけでも50人以上の雇用を生み出し

若いスタッフを呼び込み
子供が産まれ

何と、保育園に待機児童問題があるとか。

そんな話を
夜な夜な、大吉さん、登美さんから
直接お聞きできるという贅沢。

ここ2年くらい
地域活性のほーんのはじっこを
ちょこっと噛ませて頂いているけど

今の情報過多で
流行り廃りの流れの早い現代に
これだけの成果を残せているのは

上辺だけの形に終始せず
他力本願にならず
こつこつこつこつと
地に根を張って
苦しい時も乗り越えてきた証拠。

だからこそ
ここで働きたい!という
面白い若者が集まり

ここに泊まりたい!という
素敵な方々が集まるのでしょう。

夜、ご飯を共にしたのは
大学で政治学を教える先生と
まちづくりに携わる若者
めっちゃ賢い若いスタッフとそのお友達
そして、大吉さん、登美さん。

とても楽しい夜でした。

語り尽くせないですが
興味があったら一回行ってみて欲しいです。

とっても遠いですが…