elementcircle
戸田工務店 | 正月のリベンジ 春の八ヶ岳天狗岳
21015
post-template-default,single,single-post,postid-21015,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.1.0,qode-theme-ver-1.0.0,qode-theme-todakomuten child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive


正月のリベンジ 春の八ヶ岳天狗岳

正月のリベンジ 南八ヶ岳 春の八ヶ岳天狗岳

正月明けの八ヶ岳 天狗岳は 思い切り吹雪で 山小屋往復に終わってしまいましたが

今回 春の八ヶ岳 ピーカン目当てに出かけましたが 今回も前日の夜に思わぬ雪が降り

登山口までに愛車が辿り着くのに難儀しました。。

それでも夜明けと共に八ヶ岳ブルーと呼ばれる青空が雲が切れて明りが差して来ると同時にピーカンの

兆しが。。

前回と違い反時計廻りで 西天狗岳を目指して急登をゆっくり上がって行きます。

最初は樹林の中を黙々と上がるので 景色はお預けですが

登るに連れて 樹林の隙間が段々 開けて見上げる青空の面積が増えてきます

こちらからのルートは前夜の雪で先行者もいなくて それでも新雪に隠れたトレースの跡を

追いながらの山行き 途中 雪庇があったり トレースが完全に消えて スマホのGPSソフト便りに

移動する区間も

西天狗岳の麓に着くとその先は樹木が無くなり 潅木に雪が張り付いている白い斜面の壁

アイゼンを蹴り込ませながら西天狗頂上を目指します。

頂上に近づくに連れて 無風の状態から 少しの微風に 天狗岳の常の強風から

思うと 微風も微風。。

まだ ピーカンの天気は続いていて ようやくここで 東天狗から時計廻りに上がって来る

人に今日は初めて会って会話が出来て妙に人恋しく感じました。

西天狗の表示は雪に隠れて千メートル低く見えてます。。

まだ続くピーカンの絶景は最高で 赤岳が正面に この先は下り一方で

東天狗への登り返しは姿だけ拝めて満腹で トラバースルートを

下って行きます。。

見下ろすと 正月の時に寄った 黒百合ヒュッテが雪の山合いに見え隠れします。。

中山峠に向かって下降して 林間に入ると ホッとします。

天気の急変も無く 黒百合ヒュッテにたどり着きました。

時間も 登りで 結構 費やして 押してきたので ラーメンをビールで流し込んで

樹林の中を もくもくと下って行きます。。

渋の湯の分岐までは結構この日も複数の人がトレースをつけてくれて

分岐までは歩きやすいのですがそこから先の下りが一気にトレースが減って

歩きにくくなり 登山口の愛車の停まっている所にたどり着くのに随分時間を費やしました。。

戻っても 自分以外にもう一台車があるだけで 寂しい登山口。

でも ピーカンの八ヶ岳 天狗岳で 最高の景色を眺めて廻って来れたので

今度はテントを担いで上がって来たいと思う山域です。。