elementcircle
戸田工務店 | 乗鞍の雪と氷瀑
20621
post-template-default,single,single-post,postid-20621,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.1.0,qode-theme-ver-1.0.0,qode-theme-todakomuten child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive


乗鞍の雪と氷瀑

乗鞍高原の雪と氷爆

雪の乗鞍高原に出掛けてきました。。

 

目的はテレマークスキーのお手軽講習会の参加と 凍りついた善五郎の滝を覗いて来る事

青空の向こうに 乗鞍の 剣ヶ峰  朝日岳 摩利支天岳 富士見岳 など。。

雪の季節に通いなれた伊那から中央アルプスを権兵衛トンネルを抜けて

木祖村を越えて 野麦峠スキー場を右手に見て トンネルをいくつか抜けて

夏の上高地方面に抜けずに左折して乗鞍高原に向かいます。。

例年よりは雪は少なく それでも気温は連年並みに低く感じて

翌日の早朝 眺めてきた善五郎の滝の氷爆は僅かの隙間から覗く滝の流れが見えるだけで

見上げた滝はほぼ凍りついていました。。

初日の天候は まずまずの天気で 正面に 乗鞍の山々を見ながら

久しぶりのゲレンデでほぼ今シーズン初めての足慣らし。。

午前中にゲレンデで足慣らしをしていると テレマークスキーの講習会があるとのことで

同じ板を履いた 同類がやけに沢山いる 乗鞍のゲレンデです。。

午後一から 初対面の複数の方達と和気合いあいと 我流のテクニックを矯正すべく

みっちり午後から基礎練習に参加させて頂きました。。

目から鱗のテクニックを色々 テレマークスキーの先生にご教授頂きました。。

翌日も朝から2度目の講習 お願いしますと言っておきながら

翌日の朝の降り続く雪景色に 前日のテンションは下がって

早朝 善五郎の滝を見て降りしきる雪の中を早々に引き上げることになりました。。。

例年より雪 少ないとはいえ スノーシューで歩き回るには十分な雪原。。

 

 

 

帰りの峠道も雪の中で 静まり返る雪道を スタッドレスの音だけが

響いて 静かな 帰路につきました。。