elementcircle
戸田工務店 | 正月明けの八ヶ岳 唐沢鉱泉から黒百合ヒュッテ 往復 天狗岳断念。。
20311
post-template-default,single,single-post,postid-20311,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.1.0,qode-theme-ver-1.0.0,qode-theme-todakomuten child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive


正月明けの八ヶ岳 唐沢鉱泉から黒百合ヒュッテ 往復 天狗岳断念。。

 

 

遅まきながら明けましておめでとうございます。。本年も戸田工務店をよろしくお願い致します。。さて正月明け二日にお天気を心配しながら八ヶ岳 唐沢鉱泉から

黒百合ヒュッテに上がりました。 夜明けの雪がやむ気配が無く 明るくなるまでダメもとで待ち 9時頃 青空が見えて慌てて遅まきながらの正月登山。。

 

冬道をたどり。。

今どきの山小屋は ソーラーパネル装備の黒百合ヒュッテ もちろん薪ストーブも焚いてます に到着。。

外は小康状態ではありますが 曇天と雪交じり。。でも中は薪ストーブでゆるーく暖かく。。

ついたら早速 朝ご飯側代わりの卵掛けご飯と じゃがバターと駆け付けいっぱいのシャルドネ酎ハイ。。頂きます。。

何年前に来たのか 記憶に残っている 山小屋のインテリア。。

カウンタ席にある メニュー 端から全部食べてみたいカタカナメニュー。。 窓越しに 天狗岳から降りてくる方 向かう方達。。

登って来た消費カロリー?分まだ食べても大丈夫かと? ミネストローネ イタリアの暖かいトマトスープを頂く。。パンに付けて食べると温まる。。

最後はホットココアを頂いて天候はともかく 大満足。。

冬は当然 薪ストーブが焚かれていますが 泊りで無い自分はカウンタ席で ゆっくりさせて頂きました。。

地の神様? 今日はさすがにテント泊は二張りのみ。。準備はしてきましたが ヘタレでスタートで即諦めました。。残雪期にテントを背負って来たいです。。

それでも ダメもとで 天狗岳が臨めるかなと中山峠の分岐まで。。景色は残念でしたが この雪の中の鎮まりかえった音の無い景色がたまりません。。煩悩をしばし忘れるかな?。。

登りで出合った 黒百合ヒュッテの若い女性のスタッフと思われる二人が下りでも荷物を背負って上がって来ます。。頂いた食事や空き缶を荷揚げ 荷下ろしして

頂いているかと思うと 頭が下がります。。ごつい柱を使った唐沢鉱泉の建物が見えてくるとゴールです。。

 

天狗岳のピークハントはかないませんでしたが 冬の閉館前の唐沢鉱泉の静かなお風呂に浸かれて正月2日の夜明けに吹雪の中 林道を上がって良かったです。。

帰りは青空と凍り付いたつららと唐沢鉱泉の看板を眺めながら 残雪の春先にまた来ますと挨拶して帰路につきました。。