elementcircle
戸田工務店 | 田んぼの学校
19826
post-template-default,single,single-post,postid-19826,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.1.0,qode-theme-ver-1.0.0,qode-theme-todakomuten child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive


田んぼの学校

設計の海野です。

季節は秋。実りの秋ということで

先日、「田んぼの学校」に参加してきました。

「田んぼの学校」とは食・農・自然の体験を通じて自然の営みや

いのちの循環などを学ぶ、子どもたちのための学校です。

稲作体験を通じて、ごはんのありがたさを子供に学んでもらいたいと

参加しています。(自分も学んでます。)

田植え、稲刈りを終え、今回は収穫した稲の籾殻をとる作業をしました。

干した稲穂から稲を取り、手で籾殻を剥いています。

なかなか貯まっていかない・・・。

足踏み脱穀機を使って少し楽に取れました。

脱穀機で稲を取っても、まだ藁やごみなど混ざっています。

あっ!古民家の調査へ行くとたまに見かけるこの道具!

唐箕(とうみ)と言います。

風を送って稲とごみを吹き分ける道具です。

恥ずかしながら、初めて知りました。

今回収穫したのは赤い餅米。その日に家族でいただきました。

お米一粒の大切さを学んだ一日でした。