elementcircle
終了 | 戸田工務店- Part 5
287
archive,paged,tag,tag-accepted-closed,tag-287,paged-5,tag-paged-5,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.1.0,qode-theme-ver-1.0.0,qode-theme-todakomuten child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive

    ※写真は当社施行例です。見学会会場ではございません。 TODAの新築&古民家リフォーム完成見学会『家族が集う 蔵のある家』 2月2日(土)・2月3日(日) 午前10:00~17:00 会場/名古屋市緑区大高町 ---------------------------------------------------------------------------------------- 天竜の桧や杉、漆喰を用い、無垢材で覆われたこだわりの家。 元からあった蔵の木組みを移築したダイニングキッチンは、 蔵を是非活かしたいとのお施主様の想いに応えたものです。 隣接する母屋は、100年もの時を経た貴重な古民家。 歴史ある佇まいはそのままに、 土間仕上げのサロン・ダイニングを中心にリフォームしました。 新旧の建物と中庭が形作る景観、伝統と現代の融和、 全てが一体となった和の家をご覧ください。 ---------------------------------------------------------------------------------------- 《会場案内》 ※お客様から大切なお住まいをお借りしての見学会の為  靴下と手袋の着用(こちらでご用意)にご協力をお願いします。 ※小学生以下のお子様は子供スペースでの待機、  または常時抱っこでのご入場をお願いします。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------- ご連絡を頂いた方に、会場の詳細をお知らせいたします。 ぜひ、下記よりご連絡下さい⇓ 【ご来場に関するお問い合わせ】 【お電話でのお問い合わせ】 0120-68-7707...

「みそ、つくろまい!」を開催します。 毎日の食卓を彩る手作りごはん。 美味しいごはんに欠かせないのが発酵調味料。 そんな日本の代表的な発酵調味料の一つに、味噌があります。 「手前味噌」という言葉があるように、昔は各家庭でつくられ 「うちの味噌が一番美味しい!」と自慢し合ったことからできた言葉だとか… でも、最近ではすっかり味噌を自宅でつくるご家庭も少なくなってしまいました。 と、いうことで… とだともみんなで、楽しくわいわいと、美味しい「みそ、つくろまい!」 オーナーさまはもちろん、 地域の方、お料理が好きな方、丁寧な暮らしを望まれる方、 どなたでもご参加いただけます。 ぜひ、お友達とお誘いあわせのうえ、ご参加ください♪   ■日 時:平成31年2月8日(金)10:00~12:00 ■場 所:戸田工務店向山オフィスギャルリTODA 豊橋市向山大池町19-5 会場の詳細 ■講 師:三浦礼子さん ■内 容:材料・道具は先生とTODAスタッフで事前に準備します。 当日は、茹でた大豆を温めるところから。 つぶして~、麹と塩をまぜて~、まるめて~、詰める!! これだけの作業で、半年~1年後には美味しい味噌が出来ちゃう!はず… お気に入りの容器があればご持参ください♪ お持ち帰り用のフリーザーバッグはこちらで用意します。 赤味噌2kg+白味噌2kg程度 (出来上がり量により多少の増減があることはご了承ください) のおみやげ付き!あとはご自宅で常温で保管。半年~1年後のお楽しみ♪ ■参加費:お一人あたり(税込 持ち帰り味噌含め) ・TODAオーナー様    /3,500円 ・オーナー様からのご紹介の方/3,500円 ・上記以外の方       /4,000円 ■持ち物:汚れても良い服装・エプロン・手拭タオル お気に入りの保存容器があればご持参ください。 ■ご注意:お子様連れでのご参加も歓迎ですが、託児はございません。 スタッフや参加者さん同士の「見守り託児」にご協力ください。 ■定 員:10名程度(先着順になります。満席の場合はご容赦ください。)   ■予約方法:0120-68-7707までお電話いただくか、 来場予約フォームhttps://www.todasanchi.com/contactus/ にて 下記内容をお知らせください。   ①お名前 ②携帯番号 ③お子様の参加の有無・参加のお子様の年齢 ④TODAオーナー様、又はオーナー様のご紹介の場合はオーナー様名 ※お友達等とご参加の場合は、全員分の上記内容をご記載ください。     【ご来場に関するお問い合わせ】 【お電話でのお問い合わせ】 0120-68-7707...

1月19日(土) TODAと縁の深いNPO法人奥三河田舎暮らし隊が主催となり 新城地域文化広場にて 「新城の未来を考えるシンポジウム」 を開催しました! 新潟県十日町市よりお招きした建築デザイナー/カール・ベンクス氏をはじめ 新城出身、現在名古屋と新城で二拠点居住の仕舞い方の達人/中嶋和雅氏 自転車世界一周後、新城市の地域おこし協力隊を経て 現在古民家民宿「タカハウス」運営中の/鈴木孝浩氏   お三方の基調講演の後 事務局の勝又も交えて地域活性化についてパネルディスカッション。 有意義な時間を過ごすことが出来ました。 ご参加くださった皆様 ありがとうございました。 当初80名ほどのお申し込みだったのに対し...

    TODAリフォーム後1年の家見学会『薪ストーブで団らん 体感見学会』 1月26日(土)・27日(日) 午前10:00~午後16:00 会場/豊川市伊奈町 ---------------------------------------------------------------------------------------- 約1年前、築40年の家を購入し、 二人のこれからの暮らしを見据えてリフォームを実現されました。 水廻りはもちろん、耐震に関わる外壁、内装床下など一新し、 念願だった薪ストーブを設置しました。 現在も暮らしながら少しずつ手を加えられ、 日々進化を続けている素敵な家です。 ---------------------------------------------------------------------------------------- 『薪ストーブのある暮らし』の体感イベントとして、 ・薪割り体験 ・ピザ焼き試食会 ・薪ストーブアクセサリー販売等を予定しています。 ---------------------------------------------------------------------------------------- ※お客様から大切なお住まいをお借りしての見学会の為  靴下と手袋の着用(こちらでご用意)にご協力をお願いします。 ※小学生以下のお子様は子供スペースでの待機、  または常時抱っこでのご入場をお願いします。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------- ご連絡を頂いた方に、会場の詳細をお知らせいたします。 ぜひ、下記よりご連絡下さい⇓ 【ご来場に関するお問い合わせ】 【お電話でのお問い合わせ】 0120-68-7707...

※写真は当社施工例です。見学会会場ではございません。 新築完成見学会『家族が心地よい 暮らしやすい木の家』 1月19日(土)・1月20日(日) 午前10:00~17:00 会場/大府市横根町 ---------------------------------------------------------------------------------------- LDKを明るく照らすのは、大窓からの柔らかな光。 優しい肌触りの桧の床板や珪藻土塗りの壁に、 ナチュラルなぬくもりが宿ります。 建坪33坪とコンパクトな大きさでも、 プランニング力でたっぷりの開放感を実現。 家族みんなのコミュニケーションも自然ととれる 間取りとなっています。 暮らしやすさを重視した動線はもちろん、 建築地の条件を考慮してつくりあげた 安らぎの家をご体感ください。 ---------------------------------------------------------------------------------------- ※お客様から大切なお住まいをお借りしての見学会の為  靴下と手袋の着用(こちらでご用意)にご協力をお願いします。 ※小学生以下のお子様は子供スペースでの待機、  または常時抱っこでのご入場をお願いします。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------- ご連絡を頂いた方に、会場の詳細をお知らせいたします。 ぜひ、下記よりご連絡下さい⇓ 【ご来場に関するお問い合わせ】 【お電話でのお問い合わせ】 0120-68-7707...

昨日は小雨が降ったり止んだりの中でしたが 「とださんちの遊び方  お餅つき2018」を開催しました♪   今回は、春に新しく加わった荒島の初のイベント運営!   前日まで お天気はどうかなぁ?と心配されましたが、 何とか決行。   今年は何と、 今までで一番多い100名近くのオーナー様にお集まり頂き、 スタッフやスタッフの家族も会わせると 総勢120名!!すごっ! (集合写真は、終わりがけに撮ったので 用事があって抜けてしまった方もちらほら。最初に撮っておくべきだった💦)     持参した餅米をご家族毎に順番につく お餅つきはもちろん、   よもぎ餅、おろし餅、きなこ餅 豚汁、チゲ鍋、うどん、フランクフルトに、キッズに大人気焼きマシュマロ! 充実の食事内容に お腹もパンパン。   餅つきの順番を待つ間 手作り福笑いや羽子板、凧揚げで 大盛り上がり。 小さなお子様たちは ただ走り回るだけでも楽しそう♪   毎年恒例の「とださんちの遊び方」 お餅つきや川遊び、薪イベントなどで毎回顔を合わせることで   オーナー様同士や子供同士 スタッフやスタッフの家族も まるで親戚の集まりのよう。   最早イベントを切り盛りするのが スタッフなのかスタッフの家族なのか オーナー様なのか はた目には区別もつかないでしょう(笑) 時代が進むにつれ失われつつある こういった季節の恒例行事や 親戚のような家族同士のコミュニティ   TODAのホームベース新城では まだまだこういった光景が見られます。 毎年恒例とは言え ただ「お餅つきするよ!」と言うだけで これだけの方が集まってくれる。   TODAの存在価値は ここにあるのかなぁ…と改めて感じた昨日でした。 〜大人だって遊びたい!!〜 ⇒TODAさんちの遊び方(イベント報告)...

【カールさんが新城市にやってくる!】 TODAと関わりの深い NPO法人奥三河田舎暮らし隊が主催で こんなシンポジウムを開催します!!↓ ---------------------------------------------------------------------- 新潟県十日町市の過疎も過疎の村を 古民家再生を軸に移住者を呼び込み 見事に再生した ドイツ人建築デザイナー/カールベンクスさんをはじめ 新城にUターンした「仕舞いかたの達人」中嶋和雅さんや、 作手で古民家民宿「タカハウス」を運営する、元地域おこし協力隊鈴木孝浩さんをお呼びし 新城の未来について考えるシンポジウム。 新城に限らず 人口減少で困っている地方自治体は多いはず。 新城の方も、そうでない方も カールさんのお話を生で聞いてみたい方も 地域おこしに関心がある方も 古民家に関心がある方も 空き家活用に関心がある方も TODAのオーナー様も そうでない方も どなたでも大歓迎です! ぜひぜひお越しください! ******************* 登壇者の鈴木孝浩さんがまとめてくれた記事が素敵なのでそちらもリンクします↓ 鈴木孝浩さん記事 カール・ベンクスさんについて詳しくは↓ カール・ベンクスさん詳細記事 ******************** ■予約方法:0120-68-7707までお電話いただくか、 下記「来場予約フォーム」より必要事項をご記入いただき 詳細の枠に「新城シンポジウム希望」とご記入の上 一緒に参加される方がいらっしゃれば人数と全員分のお名前をご記載ください。   【ご来場に関するお問い合わせ】 【お電話でのお問い合わせ】 0120-68-7707...

※写真は当社施工例です。見学会会場の写真ではありません 全面リフォーム完成見学会『ゆとりある 生まれ変わった家』 12月15日(土)・16日(日) 午前10:00~午後17:00 会場/新城市日吉 ---------------------------------------------------------------------------- TODAの新築二世 中古物件を購入し、耐震・断熱・間取りの不安要素を解決して 夢だった薪ストーブのある生活を手に入れました。 ---------------------------------------------------------------------------- 生活スタイルや家族の変化によって住み替えを決められたご家族。 住みやすく生まれ変わった家には、 仕切れば個別に機能するリビングと和室。 襖を開ければ薪ストーブのあるくつろぎの大空間となって、 家族みんなで揺れる炎を眺めながら会話を楽しめます。 ゆとりある家には、将来の選択肢も無限に広がっています。 ---------------------------------------------------------------------------- ※お客様から大切なお住まいをお借りしての見学会の為 靴下と手袋の着用(こちらでご用意)にご協力をお願いします。 ※小学生以下のお子様は子供スペースでの待機、 または常時抱っこでのご入場をお願いします。 ---------------------------------------------------------------------------- ※お客様から大切なお住まいをお借りしての見学会の為  靴下と手袋の着用(こちらでご用意)にご協力をお願いします。 ※小学生以下のお子様は子供スペースでの待機、  または常時抱っこでのご入場をお願いします。 ------------------------------------------------------------------------------------------ ご連絡を頂いた方に、会場の詳細をお知らせいたします。 ぜひ、下記よりご連絡下さい⇓ 【ご来場に関するお問い合わせ】 【お電話でのお問い合わせ】 0120-68-7707...

季節はすっかり秋。冬の気配も感じる寒さになり、 薪ストーブが恋しい季節となりました。   今年も新城の会長宅周辺にて TODAの秋の催し、薪イベントを行いました! 薪ストーブを導入されたオーナー様を中心に、 約60名の方々にご参加いただきました。   毎月第三日曜日に行われる《薪ストーブを愛する会》とは異なり、 薪割りをするだけでなく、焚き火を使って料理をしたり、 お子様たちには「火に触れる」ことの楽しさ・面白さを体感してもらいたい! そんな思いで始めた薪イベントも、今年で17回目となりました。     みんなで薪割りをすると楽しさも倍増。 おなじ薪ストーブユーザー様たちが集まる、コミュニティの場でもあります。 チェーンソーもお手のもの。機械を操る姿は頼もしい!   大人たちがせっせと薪割りをする中、子供たちはというと・・・ (薪イベントの醍醐味になりつつある・・・?!) バウムクーヘン作りに夢中でした!   竹の筒に生地をのせてグルグルと回して焼いていきます。 これを何十回と繰り返すと・・・ まるで丸太のよう!バウムクーヘン、完成しました!   豚汁におしるこ、焼き芋、ピザ。 お料理のお手伝いをしてくださった奥様たち。 寒い中、温まるものばかりで心も体もほっこりしました!   人々の暮らしを豊かにしてくれる火。 TODAは昔ながらの火の文化を大切にしています。 火のある場所には自然と人が集まる。 家族が団欒できる場所には薪ストーブがある。 薪ストーブにはそんな役割があるような気がしています。   秋空の下、無事にイベントを終えることができました。 ご参加いただいた皆様、ありがとうございました! 〜大人だって遊びたい!!〜 ⇒TODAさんちの遊び方(イベント報告)...

大活躍、ちっちゃい大工さん! 10月21日日曜日は TODAの作業場で「つくえ、つくろまい!」 (↑Facebookに飛べます) お祭りのタイミングと重なってしまったからか 参加してくれたのは TODAのオーナー様一組だったけど その分、本物の大工さんと マンツーマンで楽しむことが出来ました♪ 来年小学校に入学するYくん。 「最後まで集中力もつかなー」 と初めこそ、パパが心配していたものの 「これ!僕がつくったんだよ!!」 と胸をはって自慢できるくらい 最初から最後まで大活躍してくれました! 3年前から取り組んでいる 「つくえ、つくろまい!」 TODAの家と同じ 天竜の天然乾燥の檜でつくる 自分だけのつくえ。 思い入れはひとしおです。 途中、何度も 「Yー、やっぱこれ、パパが使ってもいい?」 とパパに取られそうになっていました(笑) O様は 薪ストーブユーザーで 薪ストーブを愛する会のメンバーでもあり チェーンソーも電動工具もお手のもの。 その背中を見ているYくんも TODAの大工がびっくりするほど 慣れた手付きで組み立てていきます。   図面を見る目も 工具を扱う手付きも真剣そのもの。 将来有望です! 必要以上に手も口も出さず 後ろから見守るパパの眼差しも温かく とても楽しい時間を頂きました。 どうです この満足そうな顔!笑 来年は 既にやりたい!と言ってくださっている方もおり もうちょっと賑やかになるかな?? 興味をもってくださった方 来年の「つくえ、つくろまい!」 ぜひ、チェックしておいてください♪ O様、Yくん お疲れ様でした♪ …将来、TODAの大工さんにならない??(笑) ~大人だって遊びたい!!~ ⇒TODAさん家の遊び方(イベント報告) ...

突然ですが この切り株を見て 判ることはなんでしょう?? ↓ ↓↓ ↓↓↓ ①樹齢約80年 ②「植林」された木 そしてもう一つ ③約65年前に「枝打ち」された木 (枝打ち:成長の過程で出てくる枝を切り落とし、 まっすぐ上に成長しやすく手入れすること) であるということが判かります。 戦時中に植林された木が 植林されてから15年経って 誰かの手によって枝打ちをされ 更に約80年経って その時には産まれてもいなかった人たちの手で このように切り出され 当時のメッセージを受け取る。 何だかロマンがあると思いませんか? そして、チェーンソーを自在に操る 木こりさん カッコいいと思いませんか!!?(笑)   10月20日土曜日は TODAのこだわりである 「天竜の天然乾燥の杉・檜」が 生まれ・育ち・伐採され・製材されるまでを 体感する 「天竜美林伐採見学と工場ツアー」に行ってきました。 (↑Facebookに飛べます) TODAの家の大切な天然乾燥の骨組みたちは ここ、天竜の山で育ち 製材のプロである 株式会社フジイチさんによって 山から切り出され、葉枯らしされ 製材されて、しっかり乾燥された後 TODAの元に届きます。 →フジイチさんのHP 製材屋さんが 山の管理から切り出しまで行っているのは 全国的にも珍しいといいます。 通常は山の管理、切り出しと製材は分業されており 製材屋さんは林業組合などから 切り出された丸太を購入して製材していきます。 効率を考えたら そうならざるを得ないのでしょう。 身近な例で考えると 農協が 農作物の生産も食品加工もまとめて行っているイメージでしょうか? まさに6次産業ですね! TODAがフジイチさんにこだわるのは こういった、時代を捉えた柔軟な社風と 何よりTODAの真髄、 天然乾燥材に対応してくれるからです。 人工乾燥(機械乾燥)に比べて ばらつきが生じやすく、 製品化までに時間もかかり、 ストックヤードの広さも お金になるまでに時間も必要とする 天然乾燥材は 多くの製材屋さんは扱いたがりません。 TODAの家づくりは まさにフジイチさんとの二人三脚で成り立っているのです。   そんなフジイチさんの山の見学ツアー 実は伐採見学ツアーの他に ・植林体験 ・下草刈り体験 もあります。 この3つのツアーを体感することで 山や木をもっともっとよく知ることができます。 昔はおじいちゃんが 「この大黒柱は立派じゃのー」 というように 誰もが「木の良し悪し」を語ることが出来ましたが 今はそんな人も少なくなってしまっています。 でも、せっかく「木の家」にこだわるなら 木についてもっと知りたくありませんか?? どのように山が育ち どうやって木が切り出され 製品化されていくのか 知りたくありませんか?? TODAは伝えたいです!!! 私たちの生活の源 木のこと、山のこと そして、水や空気のことも…。 山は、水をつくり川をつくり空気をつくり 遠くから都市部の生活を守っています。 そして、成長までに何10年も要する山は 一代では製品にはならず 一度サイクルから外れてしまうと 取り戻すには想像を絶するエネルギーが必要です。 産業が発達し 山と都市部の生活が切り離され 山のサイクルが見えづらくなってしまった今だからこそ 伝えたいことがたくさんあります。 少しでも関心をもった方がいらっしゃれば 来年の植林、下草刈り、伐採ツアーに 是非ご参加下さいね! ~大人だって遊びたい!!~ →TODAさん家の遊び方(イベント報告) ...