elementcircle
うん十年ぶりの豊橋めし | 戸田工務店
29449
post-template-default,single,single-post,postid-29449,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.1.0,qode-theme-ver-1.0.0,qode-theme-todakomuten child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive


うん十年ぶりの豊橋めし

2/19・20新築完成見学会でした。

『男の棲家』というタイトルの怪しさ(失礼)に魅了されてか、

人気の「平屋」で、TODAの家に興味があったからなのか...

連日のお問い合せ。お客様のご希望をかなえたいと思いつつ、

完全予約制のため、予約状況でご希望日程の調整が余儀なく

皆さまのご協力で、多くの方にご来場いただくことができました。

有難うございました。

名古屋から来られた方は、向山オフィス ギャルリTODA(展示場)

にもお立ち寄りくださいました。ご案内しながら豊橋の話題にもなり

「昼食は豊橋うどん食べたんですよ。」とお客様がにっこり。

この笑顔と、数日前に社内で紹介されていた「豊橋の本」の情報が

偶然重なり、そして初期に食べたきりだなぁとの考えながら、

頭の中が「豊橋うどん」になったのは言うまでもありません。

あらためてを調べると「定められた5か条」がある豊橋うどん。

①うどん麺は自家製麺とする。

②器の底から、ご飯、とろろ、カレーうどんの順に盛る。

③「豊橋産のうずら卵」を具に使用する。

④福神漬または壺漬け・紅しょうがを添える。

⑤愛情を持って作る。

①以外を守り、休日ブランチになんちゃって豊橋うどん作りました。

味は想像どうり、腹もちは想像以上・・・なかなかな食事でした。