elementcircle
ウェルカムボード | 戸田工務店
28448
post-template-default,single,single-post,postid-28448,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.1.0,qode-theme-ver-1.0.0,qode-theme-todakomuten child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive


ウェルカムボード

設計部の女性スタッフの皆さんが、毎日書き込む“ウェルカムボード”

日付やゲスト名はもちろん、お客様が楽しめるように時事ネタやミニ情報など、

興味がわく内容も多く、その文章や情報センスにいつも感心するばかり。

数か月前に豊川稲荷「夜詣で YORUMODE」の情報が紹介されていました。

知らなかったその情報。 夜の神社・・・想像するとちょっと怖い。

でも気になるので調べると、ライトアップやデジタルを駆使した新しい“夜の参拝”

商魂たくましい。(いや失礼。) さすが商売繁盛の豊川稲荷チャレンジ精神に感服。

8月からは毎月22日開催とあり、休みと重なる9月22日を楽しみにしていた私。

前日から天気予報とにらめっこ。開催時間は雨マーク。

 

当日も朝から空とにらめっこ。曇り空に気持ちもげんなりで

午後が望み薄なら、午前にかけるぞ。「リト葉っぱの切り絵展」へ。

こちらも設計スタッフの方から教えてもらい、是非行きたかった企画。

開催の田原市博物館までは渥美線利用。新しい駅になってからは初めて行くので新鮮。

でも、25年以上ぶりの渥美線に “おひさしぶり”な感じもしていました。

電車の本数も15分間隔、三河田原まで35分。この待たない、近くな感じもよかったです。

見慣れない車窓風景はお出かけ気分にもなり、移動時間も物思いにふけれる時間でした。

駅から田原市博物館までの徒歩15分程も曇りの天候のおかげで、快適な散歩でした。

リトさんの作品は、とても繊細で、温かみある作品でした。

繊細に切り抜けた作品や色付けに、細部まで見入ってしまいました。

素敵な情報のおかげでいい時間が過ごせました。

渥美線で豊橋に戻ってきたとき、おでんしゃの模型があり、記念撮影する人達。

その模型をみて “おでんしゃ乗りたい~早くみんなで飲みたい~”と

思わずこころの中で叫んでました。早く日常に戻りたいです。

 

帰宅してからも、あきらめきれない私は空をガン見。

夜・・・やはり雨。夜詣ではまたの機会になりました。

 

※リト葉っぱの切り絵展は写真撮影が可能。