elementcircle
ワイルドな木柵 | 戸田工務店
27250
post-template-default,single,single-post,postid-27250,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.1.0,qode-theme-ver-1.0.0,qode-theme-todakomuten child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive


ワイルドな木柵

お休みの日に、浜松市の「秋野不矩美術館」に行ってきました。

木と土でつくられた素敵な建物です。

丘の上の美術館を目指して坂道をずんずん登っていくと、横手にワイルドな柵が!

雨風にさらされて、すっかり渋い色になっています。

木は雨に濡れるゆっくり傷んでいきます。

それでもそのゆっくりとした経年変化が、他の材料にはない魅力のひとつですね。

小さい貫を引き抜けば、傷んだ板の交換も容易でしょう。

合理的な作りも武骨でカッコいいなぁと、美術館に入る前に立ち止まってしまいました。