elementcircle
戸田工務店 | 釘隠し
24080
post-template-default,single,single-post,postid-24080,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.1.0,qode-theme-ver-1.0.0,qode-theme-todakomuten child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive


釘隠し

釘隠し

長押(なげし)や扉に打った釘の頭を隠すためにつけられた木製や金属製、陶器等の装飾のこと。
もとは『 釘の頭を隠す 』という実用的なものでしたが、
建物の細部に職人さん達の遊び心が随所に見られるようになった桃山時代以降には、
金銅、銅などで意匠を凝らした飾り金具が多く作られた。
TODAでも工事をさせて頂いたお家に釘隠しのあるお家は稀です。

そんな、先人の職人さん達の遊び心と熟練の技でつくりあげた釘隠し。
古民家を訪れる際、その家にどんな釘隠しがあるか探してみるのも楽しいかもしれませんね。