elementcircle
戸田工務店 | ボヘミアンラプソディ
23713
post-template-default,single,single-post,postid-23713,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.1.0,qode-theme-ver-1.0.0,qode-theme-todakomuten child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive


ボヘミアンラプソディ

昨年ヒットした「ボヘミアンラプソディ」を見逃していた私。

周囲でも「泣ける」「やっぱり曲いいよ」と聞いていた映画を、

スロータウン映画祭でプラットにて2月15日開催。

それも‘‘映画上映中はお静かに‘‘、映画鑑賞の常識とは違い、

なんとコスプレ・鳴り物大歓迎・・・の文言に好奇心とワクワクが止まらず。

人気映画のチケット入手が出来て舞い上がりました。

そして、当日。入口に、なんちゃってフレディ姿に面白がりつつ、

なんと映画にあわせたウエルカムドリンクあり。美味しく頂き、入場。

席には、プレゼントでクリアファイルと、マイク型の鳴り物が準備され、

始まる前から、鳴らしてスタンバイしている、後席のマダム達の姿も。

なんちゃってQWEENのメンバーの盛り上げコールで、会場一体感で

鈴が鳴り響く中、上映が始まる。鑑賞中も掛け声やおちゃめヤジあったり、

なにより、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」他、誰もが耳にした事のある曲を

会場全体が一緒にリズムをとり、鈴鳴り響かせ、大合唱。

映画なのにライブ感。そして、映画最後の圧巻ライブシーン。すごい。

会場のみんなも燃え上がり、そして、燃え尽きました。

帰りがけ、後席のマダム達の会話がすごかった。

マダムA)今日は、羞恥心があって、おとなしかったわ。いつもの自分と

ちがったわ。

—-いやぁ、十分ですよ。最初の5分でマイク型鈴を振り飛ばしてたの誰?

マダムB)あまり、声もでなかったわ。今度機会があれば、もっと出さなきゃ

——いやぁ、叫んでましたよ。すごかったですよ。

マダムA)でも、ホントに楽しかったわね。

—— 同感

思いだす、このマダム達のパワー。そして、今のコロナ不安の中、各所で

イベント自粛。必要な事ですが、また、多くのイベントが開催される日が

一日も早くきますように。