elementcircle
戸田工務店 | 鮎解禁前の五月の豊川へ。。(宇連ダム給水制限中のさなか)
21744
post-template-default,single,single-post,postid-21744,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.1.0,qode-theme-ver-1.0.0,qode-theme-todakomuten child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive


鮎解禁前の五月の豊川へ。。(宇連ダム給水制限中のさなか)

五月の終わり 地元豊川の宇連ダムが給水制限のさなか 鮎の解禁前とゆうことで

カヌー仲間の方達と豊川上流へ。。

お天気と川の透明度が最高の状態での川下り。。川の神様 ありがとう

見覚えのある橋の下からの景色を眺め。。

あっとゆう間に 河原でお昼休憩。。

久しぶりの豊川の川からの景色ですが 流れが変わったりしているものの

川からの景色は30数年前の景色と変わって無いのかな?。。

先に見えてきた クラッシックな橋脚も ずっと変わらない景色です。。

下るたびに思いますがこの景色は 鮎釣り師とカヌー乗りだけの

ひそかな 楽しみかと。。

鮎解禁後も釣り竿の横をお邪魔します。。失礼します。。

  

唯一 景色の違いに数年前からあるのは 新東名の橋脚です。。

新旧交えた この景色は また感慨深く

でも 川面はあくまできれいで カヌーを運んでくれて

新緑の景色は昔とちっとも変って無くて

もう一つ変わった物と言えば 自分も含めて皆さん 爺になったかな?。。

皆さん失礼しました。

あっとゆう間のゴールでしたが 一緒にくだって頂いた皆さんお疲れ様でした。。

沈脱のレスキューもありがとうございました。。

最後の上陸のカヌーの引き上げも手伝って頂き やっぱり日頃の運動不足を感じる今日この頃。。

それでも山と一緒でこの景色と水面を見てしまうと

体力を温存して 毎年 この季節に豊川を下れる 自分でいたいものです。。