elementcircle
戸田工務店 | 廣岡の道具シリーズ
18999
post-template-default,single,single-post,postid-18999,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.1.0,qode-theme-ver-1.0.0,qode-theme-todakomuten child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive


廣岡の道具シリーズ

こんにちは。

関西出身、大工の廣岡です。

生まれも育ちも大阪です。

 

大阪で大工をやっている時に作成した鑿の箱に

少し年期が入ってきました。

 

買った時は紙の箱に入っていて、味気ないと思い、

桐のタンスの端材を使って作りました。

 

こだわりは釘を使わず、竹で代用して刃が傷まないよう

発砲スチロールはそのまま利用して製作しました。

 

竹釘が太すぎると桐の板を割ってしまう恐れがあるので

ある程度の細さまで引き割り、地道に削って先端を尖らせ、

慎重に打ち込みました。

今思えばたこ焼きの竹釘を削り、

使えばよかったような気もしますが・・・

これもこだわりですかね。笑

 

桐はとても軽く持ち運びもしやすいので

これからも道具と共に大事にしていきたいと思ってます。