elementcircle
戸田工務店 | 簡単な自己紹介
18838
post-template-default,single,single-post,postid-18838,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.1.0,qode-theme-ver-1.0.0,qode-theme-todakomuten child,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive


簡単な自己紹介

代表の戸田桂一郎です。
少しフランクに私の自己紹介をさせてください。

中学二年生の冬、初の海外旅行に会長と共に訪れた国が雲上の秘境チベットでした。
【これもご縁か、現在一緒に働いている小島も一緒にチベットを旅しました】
飛行場のある場所が既に富士山頂より高いところ。
私はこの旅に出るまで、チベットと言う国が気候的・政治的にどんなところか、まったく把握していませんでした。
冬季の外気は日中でもマイナス十数℃、乾燥した痩せた大地に貧しくはあるが、心豊かに暮らす民達。
4,000m近いところを旅している途中、ひどい高山病にかかり、緊急事態発生と言う事でガモウバックに入り、
ガモウバックとは、足踏みポンプで膨らませると内部が高圧に変化する携帯型の高山病対策バック】
空気を入れる足踏みポンプを同じようにしんどかったであろう小島に踏んでもらい命を助けてもらいました。
それと、自分と同年代の子達の日本とあまりにも違う生活ぶりなどを目の当たりにし、
毎日がカルチャーショックの連続でした。

大人でも非常に厳しい環境下に、14歳の少年をなぜ連れてきたのか?と、
会長は他のツアーの人達に何度も問われたそうです。
会長の答えは単純に、『早い時期に、日本とは違う世界が現実にあるという事を見せたかったから・・・』だそうです。
会長は、私が高山病で苦しんでいる時に、傍らで申し訳なさそうに見守っていましたが、
あの年齢であの国、あの民、あの環境を体感させて貰え感謝しています。

今までの生活や思考回路を考えさせられる良いきっかけになりました。

厳しい環境での旅は、ツアー全体が家族のようになり、その中の関西に住む方とは今でも(ちょっと疎遠になりつつありますが・・・)お付合いが続いています。
他にも冬休みや夏休みを使って、ネパールの山々をトレッキングするツアーやイタリアのミラノで暮らす会長の専門学校時代の親友宅に単身渡らさせて頂き、バカンスを一緒に楽しませてもらったり、一ヶ月かけて自転車で北海道を一周してみたりと、他では体験できないような事を沢山させてもらったり、してきました。
そんな様々な経験と人との出会いが今の自分の考え方の原点になっているように思います。