ページトップへ

公共施設の木造化を受けて | 注文住宅 愛知県豊橋市 戸田工務店

TODAの福祉施設公共施設の木造化を受けて

公共施設の木造化を受けて

近年、日本では公共施設の木造化が少しずつ進められるようになり、地場産の木材や自然素材を使った小学校や地域の伝統的な建築様式を取り入れた交流センターなどが、建設されはじめました。

そうした流れを受けて、TODAでも2009年頃から県内の福祉施設のオーナーから、相談を受けることが多くなりました。ところが、打合せの場に臨んだTODAの会長・戸田由信は驚くべき事実に直面します。

それは、当事者である障害者やお年寄りの気持ちに寄り添っているとは言い難い、施設建設のあり方でした。戸田の言葉を引用してみましょう。

「現状の厳しさの中で」

福祉に関わっている人達は一生懸命にお世話をする人達のことを考えているんです。その姿勢には頭が下がります。ところが、福祉施設は税金を使うものですから、膨大な書類を作って提出する義務がある。そうしなければ建設は許可されません。

そこで問題になってくるのが、みなさんもご存知の福祉施設の人手の足りなさです。日々の業務をこなしながらの書類作りで、時間に追われ、認可されなければ一大事という重圧に押され、いきおい図面は前例を踏まえたわかりやすいものに、見積りは通りやすさを優先したものになってしまう。

意欲的なものをそこに持ち込むのは至難の業です。

 

「現状の厳しさの中で」

 

自分が当事者だったら、という目線で

福祉施設の建設を巡って知った事実は、戸田にとって大変ショックなものでした。

自分だっていつ障害者になるかわからない。幸いにしてケガや病気をしなくても、年をとれば必ず体はどこかしら不自由になる。その時に、こんな面白味もなくて、できれば入りたくないと思ってしまうような建物しかないのはイヤだ。

"住んでいるだけでわくわくしてくる家"を、めざし続けてきた戸田にとって、そこで人が暮らす以上、家も施設も同じことです。まして、体が不自由で出歩くことが困難なら、より素敵な、夢のある建物にしなくては。その思いをこめた戸田の企画は、オーナーの心を揺さぶり、TODAはあるグループホームの建設を任されることになりました。

TODAにとっては新しい分野への挑戦。しかし、ベースにあるものはいつもと同じ、"人が人らしく、夢を持って生きられる建物をつくる"。それだけです。福祉や障害者問題のスペシャリストではありませんが、一人の生身の人間としての感覚を大切に、真剣に楽しく、この課題に取り組んでいきたいと思っています。

 

ある娘さんとロフトの話

施設で出会った中に、一人の娘さんがおられました。その娘さんは寝たきりで、自分で寝返りも打てない。でも私はその人の部屋にロフトをつけたいと言いました。

若い女性はロフトに憧れるでしょう?自力で上がれないから、ロフトは要らないというのは違うと、私は思ったんです。私もロフトを持っているんだ、誰かの手を借りれば、そこに上がって窓から景色を眺められるんだ。そう思うだけでずいぶん楽しくなると思いませんか?私だったらそう思いますね。

ある娘さんとロフトの話


 

野原に寝転びたいという夢をどうかなえる?

もう一人、「夢は?」と尋ねると「野原に寝転びたい」と答えた子がいました。建物の中に野原を作るのはさすがに無理なので、さてどうしようかと悩みました。

そして思いついたのが、そうだ、木を植えようということです。もちろん根っこのある木ではありませんが、TODAの新社屋を1階から2階までどーんと貫いているのと同じような木を持ってきて、みんなが集まる部屋の真ん中に置こうと思ったのです。そうすれば天井の天窓から降り注ぐ光が、木漏れ日のように木の影をみんなの上に落します。

朝、昼、夕方と太陽が動いていくと、影も動くでしょう?そこに寝転んでいれば、野原に寝転んでいるような気分になるんじゃないでしょうか。この施設には将来、薪ストーブも入れたいな、と考えています。

 

野原に寝転びたいという夢をどうかなえる?

野原に寝転びたいという夢をどうかなえる?

事例集を見る

TODAの福祉施設