ページトップへ

家づくりの流れ | 注文住宅 愛知県豊橋市 戸田工務店

家づくりの流れ

 

出会い 出会いの形は様々です。完成見学会に来て下さったお客様、OB様のご紹介のお客様。イベントがきっかけのお客様。入り口は違っても、共通しているのは、みなさん夢をもっていらっしゃること。さあ、あなたの夢を聞かせてください。 出会い
家・土地についてのご相談 土地探しから始められる方は、御希望の土地の紹介から。建替え等で土地をお持ちの方であれば解体の費用がどの程度かかるのか、土地に対する法的規制など建築に付随した諸々の心配事を、私たちと一緒に解消していきましょう。初めの一歩は己を知ることからです。「自分は自己資金額がいくらあって、借入金額をいくらにすると総予算がこれくらいになって、そうすると月々の返済額がいくらになって、ご両親からの援助も期待できるかな?」などなど。
住宅ローンの返済期間や返済方法、ローン商品に関しては様々なものがあります。商品によって、人それぞれメリットに感じるものは違いますので、ご相談下さい。
家・土地についてのご相談
敷地調査 土地が決まれば、敷地調査依頼を受けます。 レベルチェックや敷地の条件、法的規制・電気・上下水道・ガスなどの確認をします。周辺の環境もここでチェック、設計士と力を合わせて調査します。 敷地調査
設計 申し込み 設計申込金は、請負金額に充当されます。 設計 申し込み
家づくりの思いを聞き取り 家族構成、ライフスタイル、隣地もふまえた敷地の状況、こんな風に生活したいなど、建主様の思っておられることを、まずは予算や法的なことはさて置いて、すべて語っていただきます。遠慮せず、思いの丈を私たちにぶつけてください。
語っていただいたことの中から、大きな柱になりそうなものに優先順位をつけてもらいます。この優先順位を参考にプランニングを始めていきます。
家づくりの思いを聞き取り
プランニング 予算および、構造的、法的なものを勘案しながら夢を形にしていきます。
ここは設計士の腕の見せ所。提出される図面は二次元の紙ですが、設計士の助けを借りながら、そこで生活しているイメージを膨らませて下さい。1~2回の打合せで決まることは稀です。とことん語り合って、世界にたった一つの「自分の家」をつくりましょう。
喜んでお付き合いします。(あまりにも長過ぎるのは勘弁して下さいね。)
プランニング
 
資金計画表提出 現実に引き戻される瞬間です。
建物本体価格、別途工事費など建築に関わるトータル費用を算出します。いくら理想の家でも自分の身の丈にあっていなければ・・・・。提出された資金計画の金額と自分の計画している総予算とを照らし合せながら、絶対諦められないものと諦めてもよいものを明確にしていきます。
資金計画表提出
プラン決定 多くは予算との戦いになりますが、理想と現実との折り合いがついたところで、最終プラン・詳細プランを決定していきます。合わせて契約金額、建物仕様、建築スケジュール等の確認をします。設計契約をし実施図面を作成していきます。 プラン決定
御契約 決定されたプラン、仕様に基づいて、請負契約を締結させていただきます。
見学会や打合せの中で担当スタッフから聞かれると思いますが、自然素材、主に木の特性の説明を十分に受け、理解したうえで契約しましょう。
※契約金を受領いたします。
御契約
着工 敷地に地縄を張り、敷地の境界や建物の配置を現場で確認させて頂きます。その後、地鎮祭を行い、その土地の神を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得て安全祈願をします。
式が終わったら隣地の方にあいさつ回りを行い、地盤調査を行ってから基礎工事に入っていきます。
※基礎工事着工時に着工金を頂きます。
着工
上棟 棟梁を中心に大工さんが集まり、家の骨を組んでいきます。祝詞を上げ、ここまでの工事の進み具合と今後の安全を、神様に祈願します。最近では少なくなりましたが、お餅投げをしてご近所の方に幸せのお裾分けをします。
※中間金を頂きます。
上棟
工事期間 工事期間中は、是非こまめに現場を見に来て下さい。 大工さんも住まわれるお客様がどんな人なのか、気になるみたいです。
しかし、工事中のお家の中は危険が一杯ですので、基本的に10時と12時と15時に大工さん達は休憩を取りますので、休憩中に一緒にお茶などを飲みながらお家の中を見て回るのがいいかもしれませんね。
工事期間中に四回、第三者機関検査機構(JIO)が建物をチェックします。
工事期間
お引渡し
水廻りの取扱説明、木材等のメンテナンスの仕方をお伝えし、鍵をお渡しして、お引渡しになります。
住んでいる中で、様々な疑問や不安が出てくると思いますが、どんな小さなことでも結構ですのでお電話下さい。
工事が終わったら終わりではなく、これからが本当のお付き合いの始まりです。
※残金を頂きます。
お引渡し
支払金について
基本は契約時に請負金額の10%、着工時30%、中間時30%、最終時に残金。割合は自己資金、借入先により変動します。あくまで目安と考えて下さい。