ページトップへ

豊川オフィス ギャルリTODA | 注文住宅 愛知県豊橋市 戸田工務店

豊川オフィス ギャルリTODA

家をめぐる5つの話
豊川オフィス ギャルリTODA  

進化するモデルハウスに
ようこそ!

自然をシャットアウトすることで快適性を得るのではなく、
自然の風や光を上手に利用して住み心地の良い家をつくる
エアパス工法。
豊川展示場はそのエアパス工法を採用しています。

内部は実際の面積よりも広々と感じる広がり間取り。
屋内に居ても自然を感じられる仕掛けが、随所に施されています。

また1階と2階で異なるデザインテイストを有しているのも大きな特徴。
1階はすっきりとシンプルで、和モダンを意識したイメージに。
2階はTODAの真骨頂である古材の魅力が、存分に発揮されています。

TODAの「これまで」と「これから」が詰まった豊川展示場に、
ぜひお越しください。

エアパスの家

 

豊川展示場のご紹介

1F

 

エアパスの特長を活かした間仕切りのないワンフロア。重心を低く、天井に高低差をつけることで、メリハリのある有機的な空間が誕生しました。家の中にいても外を感じられる工夫が随所に施され、視界に入るアート作品が個性を添えています。

 

外観

外観

 

外観

大屋根の角度が美しい正面外観。深い軒庇が直射日光や風雨をさえぎりつつ、自然の恩恵をゆるやかに採り込みます。作家によるベンチや、モザイクアートが大きなアクセントに。故関谷明男さんの作品であるモザイクアートは、「つながり」を表現したもの。

 

ントランス

エントランス

 

エントランス

すっきりとしたエントランス。建具もステンドグラスもあえてシンプルに、縦の線を意識しました。

入ってすぐの壁に飾られたモザイク画の重厚感が、空間を引き締めています。

 

エントランス

エントランス

 

エントランス

 

LDK

LDK

LDK

 

LDK

LDK

「広がり間取り」の魅力がはじける間仕切りのない1階。桧の柱と梁の美しいフォルムがのびのびとした空間を創り出しています。キッチンは一段下げて、料理をする人と、食卓につく人の目線が同じになるように設計。家具屋さんがつくる造作キッチンも見どころです。石造りの薪ストーブも、今回はじめてご紹介するものです。

 

和室

和室

茶室を意識した設えの和室。床の間にあたる場所は、現代の暮らしの使い勝手を考慮し、収納をたっぷりとりました。湿気を調整する壁や和紙を貼った建具、畳と木の床のコラボなど、素材の面白さも味わってみてください。

 

和室

 

室、トイレ

浴室、トイレ

居室の雰囲気とはガラリと変わり、最新設備を取り入れた豪華ホテルのような浴室。
体験もしていただけます。
トイレや洗面は「外」を意識したデザインに。トイレの麻に漆を塗った床材も必見です。
洗面台は水に強いウォルナットを使用しています。

 

浴室、トイレ

 


 

2F

 

2階はTODAにしかできない、古材を大胆に使った中世ヨーロッパの古民家風のつくりです。納屋をイメージし、古材の傷や細工痕も味わいとして残しました。古い物だけが持っている経年美を、現代的な感覚で使いこなすTODAの家づくりに興味を持っていただければ幸いです。

 

ーロッパの古民家、納屋のイメージ

ヨーロッパの古民家、納屋のイメージ

ヨーロッパの古民家、納屋のイメージ

 

ヨーロッパの古民家、納屋のイメージ

ヨーロッパの古民家、納屋のイメージ

日本の古民家を解体した時に出た古材を用いながらも、和とはまるで違う印象の室内をつくり上げるのがTODAの持ち味。ゴツゴツした感じをあえて残し、ヨーロッパの古民家の納屋をイメージして隠れ家風に仕上げました。
畳との相性も良好です。

 

 

古材

 

古材

古材

かつて大工さんたちが木を組み合わせるために刻んだり、穴をあけた部分を、味わいとして活かしています。時間だけが創り出せる美しさをTODAでは大切にしています。

 

 

ち合せルーム

打ち合せルーム

階段を上がって左側が事務室と打ち合せルームです。
エアパス、古材の魅力について楽しくお話ししながら、あなたに合った家づくりをともに考えていきましょう。
ここではTODAの世界観をご覧いただいていますが、
お客様の暮らしのスタイルや価値観を入れ込むことによって、初めて家は完成するもの。どしどしご希望を聞かせてください。

 

打ち合せルーム

 

豊川展示場の特徴

豊川展示場の特徴

エアパス工法

豊川展示場は、「壁体内通気工法」「新・外断熱工法」と「パッシブソーラーハウス」を組み合わせたエアパス工法の家です。通気層内にはエアパスダンパーと空気取入口を専用部材として取付け、太陽や自然のメカニズムを上手に利用して、冷暖房の使用を極力抑えて、365日の快適生活を実現します。

 

エアパスの家

 

広葉樹

柱や梁には従来通り杉、ひのきを利用する一方で、床材としてヨーロッパや北米でよく使用されるオークを採用しました。針葉樹に比べてやや硬い感触で、強度がありキズがつきにくいのが特徴です。木目が美しく、使い込むほどに深みのある色に変化していきます。

 

広葉樹

 

建具

1階には縦のラインを意識した、繊細な建具を多用しました。視線を遮りつつ光を取り込む、空間にアクセントを与えるなど、建具のもつ様々な魅力をお楽しみください。

 

建具

 

広がり間取り

無駄な部屋をできるだけつくらず、必要最小限の空間を広々と使用する「広がり間取り」。エアパス工法によって家の中に温度差ができないので、間仕切りのない空間が実現します。豊川展示場では、かつての日本家屋のように重心を低くしたり、天井高に差をつけたりすることによって、空間が単調にならない工夫を加えています。

広がり間取り

 

広がり間取り

 

アート

TODAでは建築は文化だと考えています。今回も様々なジャンルの作家とのコラボレーションによって、TODA独自の世界観を建物に注ぎ込みました。暮らしを面白くする、いきいきとしたアートの世界をお楽しみください。

アート アート アート

 

古材

放っておけば忘れられ、朽ちていく運命にある古材たちを、TODAは現代の生活の中によみがえらせる活動をしています。しかも日本の古民家をそのまま再現するのではなく、ヨーロッパの古民家のイメージにつくりかえ、和の象徴である畳と融合させるなど、現代人の感覚に合う提案をしていきたいと考えています。古材や時代物の家具を使って面白い家づくりをしてみたい方、必見です。

 

古材

 

見学を申し込む

マネージャー 戸田幸志より皆様へ